小淵沢駅はエコステ・モデル駅舎

2019年8月23日 撮影
小淵沢駅
小淵沢駅(山梨県北杜市小淵沢町1024)は、JR 東日本の駅であり、中央本線と小海線の 2路線が乗り入れている。標高は 886.7 メートル。山梨県の最西端にある鉄道駅だ。
小淵沢駅の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 622 Kbyte)
小淵沢駅
1904 年(明治 37 年)の開業。1933 年(昭和 8 年)に小海線の小淵沢~清里駅間が開通する。
2017 年(平成 29 年)7 月 3 日、新駅舎の供用が開始された。国内有数の日照時間を誇る北杜市に位置することから、晴天時には駅で消費されるエネルギー全てを太陽光発電と太陽熱による給湯・暖房でまかなえる「エコステ」モデル駅舎となった。
内外装には木材を多用しており、外観は八ヶ岳や南アルプスの山々と清流をイメージしている。
屋上には八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳、富士山、奥穂高岳といった日本三大巨峰を一望できる展望デッキを設けた。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:小淵沢駅
小淵沢 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header