JR東日本 E231系は2000年3月デビューの標準車両

2006年現在、JRグループの中で最も配置数の多い車両

湘南新宿ライン

湘南新宿ライン E231系
2007年5月28日 新宿駅 写真:こぱふぅ
大きな写真大きな写真
(1600×800 ピクセル, 320 Kbyte)
湘南新宿ライン E231系
2007年5月28日 新宿駅 写真:こぱふぅ
E231 系電車は、老朽化が進んだ103 系113 系115 系の置き換え用として、2000 年(平成 12 年)3 月にデビューした。
湘南新宿ライン E231系
2013年11月4日 行田駅 写真:こぱふぅ
湘南新宿ラインへの導入は 2001 年(平成 13 年)12 月だ。
2004 年(平成 16 年)10 月 16 日のダイヤ改正の際、湘南新宿ラインの全列車が E231 系での運転となり、最高時速が 120 キロへ引き上げられた。
湘南新宿ライン E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 798 Kbyte)
湘南新宿ライン E231系
2013年11月4日 行田駅 写真:こぱふぅ
湘南新宿ラインは 15 両編成で、とても長い。4 ・ 5 号車はグリーン車である。
湘南新宿ライン E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 732 Kbyte)

東海道本線

東海道本線 E231系
2013年9月7日 川崎駅 写真:こぱふぅ
湘南新宿ラインへ 2001 年(平成 13 年)12 月に導入されたことに伴い、直通運転先の東海道本線にも導入された。
東海道本線 E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 598 Kbyte)
東海道本線 E231系
2011年12月13日 熱海駅 写真:こぱふぅ
209 系E217 系の成果を踏まえた一般型車両として、JR 東日本と東急車輛製造が共同開発した。
2006 年(平成 18 年)現在、JR グループの中で最も配置数の多い車両である。
東海道本線 E231系
2010年6月6日 早川駅 写真:こぱふぅ
徹底した省エネ化が図られ、103 系の 47%のエネルギーで運転できるようになった。
東海道本線 E231系の大きな写真大きな写真
(1600×1388 ピクセル, 1570 Kbyte)

上野東京ライン

上野東京ライン E231系
2016年3月5日 根府川駅 写真:こぱふぅ
2015 年(平成 27 年)3 月に開業した上野東京ラインでは、E213 系近郊タイプが運用されている。基本 15 両編成で、湘南電車の伝統を引き継ぐ黄柑色とダークグリーンの 2色の帯をまとっている。
上野東京ライン E231系の大きな写真大きな写真
(2560×1687 ピクセル, 1857 Kbyte)
上野東京ラインの直通範囲は湘南新宿ラインよりも広く、宇都宮線側は黒磯駅、高崎線側は前橋駅、東海道線側は沼津駅または伊東駅に及ぶ。

総武線

総武線 E231系
2006年11月12日 中野駅 写真:パパぱふぅ
2000 年(平成 12 年)3 月にデビューした E231 系 0番台は、すぐに総武線の導入された。
総武線 E231系
2001年8月1日 高尾駅 写真:ままぱふぅ
5 号車には 6 ドア車(サハ E230 形)を連結している。座席は折り畳み式となっており、朝の通勤時には収納状態で固定されている。サラリーマンから敬遠されているのか、他の車両に比べると空いている。

成田線

成田線 E231系
2011年2月11日 我孫子駅 写真:こぱふぅ
E231 系 0番台は、2002 年(平成 14 年)3 月から成田線へ導入された。
成田線 E231系
2006年8月16日 我孫子駅 写真:こぱふぅ
E231 系は JR 東日本のみならず、首都圏の大手私鉄などの今後の標準車両としてとらえられている。相模鉄道の 10000 系、東京急行電鉄の 5000 系、都営地下鉄の10-300 形、東京メトロE231 系 800番台など、E231 系の設計を基本とした私鉄・地下鉄車両も登場している。

常磐線

常磐線 E231系
2004年5月2日 北千住駅 写真:パパぱふぅ
E231 系 0番台は、2002 年(平成 14 年)3 月に常磐線快速電車として導入された。

常磐緩行線との誤乗車防止のため、緩行線で用いられているエメラルドグリーン(青緑1 号)の下にウグイス色の帯を追加している。

宇都宮線

宇都宮線E231系
2007年12月23日 上野駅 写真:こぱふぅ
宇都宮線 E231系
2013年5月26日 西川口駅 写真:こぱふぅ
E231 系 0番台は、2000 年(平成 12 年)6 月に宇都宮線へ導入された。
宇都宮線 E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 661 Kbyte)
宇都宮線 E231系
2007年12月23日 上野駅 写真:こぱふぅ
E231 系は、通勤形と近郊形の両方の性能を併せ持ち、仕様を共通化させた車両である。
また、従来の車両情報制御装置が持っていた各機器からの情報集約・伝送・表示という情報処理機能を統合集約し、編成一括管理制御などを実現した列車情報制御装置(Train Information Management System : TIMS)に進化させている。これにより各種の機能向上を図るとともに引き通し線、車両内配線の大幅削減を実現させた。
宇都宮線 E231系
2009年4月4日 行田駅 写真:こぱふぅ

高崎線

高崎線 E231系
2013年11月4日 行田駅 写真:こぱふぅ
2001 年(平成 13 年)9 月に高崎線へ導入された。
高崎線 E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 609 Kbyte)
高崎線 E231系
2014年2月1日 北上尾駅 写真:こぱふぅ
高崎線 E231系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 598 Kbyte)

山手線

山手線 E231系500番台
2014年11月4日 上野駅 写真:こぱふぅ
E231 系 500番台は、山手線のデジタル ATC の導入に伴い、2002 年(平成 14 年)4 月 21 日から山手線に配備が始まった 11 両編成車両で、2005 年(平成 17 年)4 月 21 日までにすべてが置き換えられた。
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1424 ピクセル, 1790 Kbyte)
山手線 E231系500番台
2014年6月1日 恵比寿駅 写真:こぱふぅ
車内各ドア上部には車内情報システムの液晶ディスプレイが 2 つずつ設置されており、右側には次駅案内や所要時間、遅延状況など。左側にはニュースや天気予報、CM などが流れるようになっている。
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 616 Kbyte)
山手線 E231系500番台
2015年2月3日 上野駅 写真:こぱふぅ
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2113 Kbyte)
山手線 E231系500番台
2015年3月11日 秋葉原駅 写真:こぱふぅ
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×2584 ピクセル, 2501 Kbyte)
山手線 E231系500番台
2015年3月11日 秋葉原駅 写真:こぱふぅ
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1640 ピクセル, 1648 Kbyte)
山手線 E231系500番台 東京駅100周年記念ラッピング車両
2014年11月4日 上野駅 写真:こぱふぅ
2014 年(平成 26 年)10 月 11 日から、東京駅100 周年記念イベントの一環で、車体前面の窓下と車体側面を赤レンガ色にラッピングした車両が運転開始した。2015 年(平成 27 年)3 月 31 日までの期間限定。
山手線 E231系500番台 東京駅100周年記念ラッピング車両の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1863 Kbyte)
山手線 E231系500番台 東京駅100周年記念ラッピング車両
2015年3月11日 秋葉原駅 写真:こぱふぅ
1914 年(大正 3 年)の開業当時と現在の東京駅の姿を車体側面や扉の一部にデザインし、12 月 18 日から 1 月 1 日まで車内装飾も実施する。
山手線 E231系500番台 東京駅100周年記念ラッピング車両の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1866 Kbyte)
山手線 E231系500番台
2015年3月11日 秋葉原駅 写真:こぱふぅ
山手線 E231系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×2589 ピクセル, 2316 Kbyte)

参考サイト

E231系500番台 関連
(この項おわり)
header