西暦139年 - サンタンジェロ城が完成

サンタンジェロ城
西暦 139 年、ローマ皇帝アントニヌス・ピウスの時代、テヴェレ川の岸にあるサンタンジェロ城が完成する。
135 年、皇帝ハドリアヌスが自らの霊廟として建設に着手したものである。しばらくすると軍事施設として使用されはじめ、403 年にはアウレリアヌスの城壁の一部に組み入れられた。
1933 年(昭和 8 年)以降は博物館として利用されている。
25 75 125 175 225 275 325 139 サンタンジェロ城が完成 86 161 アントニヌス・ピウス 576 138 ハドリアヌス 53 117 トラヤヌス 121 180 マルクス・アウレリウス・アントニヌス 79 ポンペイの滅亡 64 ローマ大火 37 68 ネロ 96 五賢帝時代はじまる 248 卑弥呼が死去 200 248 卑弥呼 184 黄巾の乱 140 184 張角 161 223 劉備 187 226 曹丕 181 234 諸葛亮 179 251 司馬懿 182 252 孫権 220 三国時代はじまる 265 晋の成立 226 ササン朝ペルシアの建国 220 272 シャープール2世 216 277 マニ Tooltip
(この項おわり)
header