西暦987年 - フランス王国の成立

カロリング朝フランク王国をカペー朝が継承
ユーグ・カペー
987 年、西フランク王国の国王ルイ 5 世が急死したことでカロリング朝が途絶えると、フランス大司教アダルベロンの主導により、ロベール家のユーグ・カペーが国王に選出された。
これをもってフランス王国が開始されたとされており、以後、ヴァロワ朝、ブルボン朝へと交替し、フランス革命まで続く。
ユーグ・カペーは、956 年にユーグ大公が没したためロベール家の家長となったが、まだ少年だったので、伯父のケルン大司教ブルーノが後見した。960 年にフランク公になった。しかし、まだ若かったために離反が相次ぎ、領地の多くを失った。
987 年、ルイ 5 世が急死すると、ランス大司教アダルベロンが聖俗大諸侯会議を主導し、「王位は世襲ではなく気品と英知で選ばれるべき」として次期フランス王にカペーを推薦した。カペーはルイ 4 世の息子シャルル 1 世を退け、戴冠した。

ユーグ・ジャペーは多くの子孫を残した。カペー朝、ヴァロワ朝、ブルボン朝、8 月王政の国王は、カペーの子孫である。
875 925 975 1025 1075 987 フランス王国の成立 938 996 ユーグ・カペー 967 987 ルイ5世 962 神聖ローマ帝国のはじまり 912 973 オットー1世 937 964 ヨハネス12世 958 1025 パシレイオス2世 939 承平天慶の乱 893 941 藤原純友 903 940 平将門 923 952 朱雀天皇 915 989 平貞盛 929 990 藤原兼家 953 995 藤原道隆 977 1001 藤原定子 973 1014 紫式部 980 1011 一条天皇 966 1025 清少納言 966 1027 藤原道長 976 1017 三条天皇 1000 彰子が中宮に 978 1030 和泉式部 907 唐が滅ぶ 882 954 馮道 921 959 紫栄 927 976 趙匡胤 922 992 趙普 939 997 太宗 979 宋による中国統一 980 1037 イブン・スィーナー 934 1025 フェルドウスィー 971 1030 マフムード 1010 「シャー・ナーメ」完成 990 1063 トゥグリル・ベク Tooltip

参考サイト

(この項おわり)
header