西暦1789年 - フランス革命

共和制と立憲君主制の間を揺れ動く
サン・キュロット
18 世紀のフランスでは、ブルボン朝の財政失敗と凶作により、パン代が民衆の生活費の 88%を占めていた。

貴族が持っていた免税特権の廃止を求めた政府に対し、175 年ぶりに三部会 (さんぶかい) (第一身分=聖職者、第二身分=貴族、第三身分=市民)の開催を求める貴族の反乱が始まった。
1789 年 6 月、三部会が開催されると、第三身分である市民が憲法の制定を求めて譲らず、ついに第三身分からなる国民議会を単独開催することになる。
バスティーユ襲撃
政府が国民議会を弾圧しようとしたところ、1789 年 7 月 14 日、武器が火薬が貯蔵されていると見られているバスティーユ牢獄が市民の襲撃を受ける。
現在、この 7 月 14 日がフランス革命記念日とされている。

パリは大混乱に陥り、反乱は地方に拡大した。8 月、農奴制や地代を廃止するなど封建特権が廃止され、ラファイエットが起草したフランス人権宣言が発表される。

フランス革命の展開

1789 年 10 月、国王ルイ 16 世をパリに連行する 10 月事件(ヴェルサイユ行進)が起きる。
1791 年 6 月 20 日、ルイ 16 世は 1770 年 5 月に結婚したオーストリア皇女のマリー・アントワネットと子どもたちを連れて馬車で宮殿を脱出しようとするが未遂に終わるヴァレンヌ事件が起きる。このことが国民の不信感を煽った。

一方、革命を穏便に進めていたジロンド派は、1791 年 3 月に内閣を立ち上げ、9 月には穏健な 1791 年憲法が制定され、イギリスのような立憲君主制度へ移行することになった。

しかし、1792 年 4 月、王妃アントワネットの故郷であるオーストリアと戦争状態に入る。戦局は終始オーストリアが優勢で、ジロンド派内閣の責任が問われる。そんな中、貧民層の支持を受けた過激なジャコバン派が台頭し、8 月、テュイルリー宮を襲撃する 8 月 10 日事件が起きる。王権は停止され、フランスは共和制へ移行する。国王一家は幽閉される。
近隣のオーストリアやプロイセンは市民革命に対して反対を唱えるが、これを受け、1792 年 9 月、義勇軍がヴァルミーの戦いでプロイセン軍を撃退する。

1793 年 1 月 21 日、革命広場でギロチンを使ってルイ 16 世が公開処刑される。この動きを警戒したイギリスは、第1 回対仏大同盟を結成して対抗する。
フランス内外の危機が高まったため、ロベスピエールを中心とすジャコバン派が独裁政治を行うようになる。
1793 年 6 月 2 日、ジロンド派の議員が次々と逮捕され、リーダーの夫人であったロラン夫人も逮捕される。
王妃マリー・アントワネットに対する裁判が 10 月 12 日に始まり、10 月 16 日、アントワネットは国王と同じ革命広場でギロチンによって処刑される。また、11 月 8 日にはロラン夫人が処刑される。

一方、土地を得て保守化した農民は独裁政治に対して反旗を翻し、1794 年、テルミドールの反動でロベスピエールは失脚する。
1795 年、憲法が制定され、5 人の総裁からなる総裁政府が誕生する。これに対し、1799 年、イギリスが第2 回対仏大同盟が結成される。

こうしてフランス革命は収束していくが、続いてナポレオンが台頭してくることになる。

スタンフォード大学の史料

スタンフォード大学の図書館が、フランス革命に関する約 1 万 4000 枚の画像と当時の議会資料、書簡、レポート、スピーチ等のコレクションを無料公開している。
1 万 4000 枚の画像の中には絵画や風刺画が大量に含まれており、革命時に何が起こっていたのか、どんな雰囲気だったのかをじっくり見ることができる。
1675 1725 1775 1825 1875 1789 1799 フランス革命 1754 1793 ルイ16世 1755 1793 マリー・アントワネット 1749 1791 オノーレ・ミラボー 1758 1794 ロベスピエール 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1759 1806 ウィリアム・ピット 1796 種痘の実施 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1790 1832 シャンポリオン 1800 ボルタが電池を発明 1783 熱気球の発明 1745 1799 ジャック・エティエンヌ・モンゴルフィエ 1740 1810 ジョセフ・ミシェル・モンゴルフィエ 1769 ワット式蒸気機関 1736 1819 ジェームズ・ワット 1723 1790 アダム・スミス 1781 天王星の発見 1738 1822 ハーシェル 1738 1820 ジョージ3世 1732 1809 ハイドン 1756 1791 モーツァルト 1774 質量保存の法則の発見 1743 1794 ラヴォアジェ 1771 「ブリタニカ百科事典」の完成 1717 1783 ジャン・ル・ロン・ダランベール 1723 1790 アダム・スミス 1724 1804 イマヌエル・カント 1737 1798 ガルバーニ 1776 アメリカ独立宣言 1773 ボストン茶会事件 1775 1783 アメリカ独立戦争 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1782 1787 天明の大飢饉 1745 1795 長谷川宣以 1773 1841 徳川家斉 1737 1786 徳川家治 1767 1786 田沼時代 1719 1788 田沼意次 1716 1783 与謝蕪村 1776 平賀源内によるエレキテルの実験 1728 1779 平賀源内 1723 1803 前野良沢 1730 1801 本居宣長 1774 解体新書 1733 1817 杉田玄白 1753 1806 喜多川歌麿 1745 1818 伊能忠敬 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1765 1831 十返舎一九 1760 1849 葛飾北斎 1711 1799 乾隆帝 1728 1762 ピョートル3世 1729 1796 エカチェリーナ2世 1703 1787 ムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブ Tooltip

参考書籍

表紙 フランス革命
著者 柴田三千雄
出版社 岩波書店
サイズ 文庫
発売日 2007年12月
価格 1,404円(税込)
rakuten
ISBN 9784006001896
「フランス革命」とは、いったい何だったのか。フランス史研究の第一人者が、戦前からの研究史を踏まえて社会史の視点から読み解く。革命を旧特権エリート、新興中間層、民衆の三極構造として捉え、どのように民衆の世界が解体され、近代国民国家へと再編成されていったかを考察する。「補論 フランス革命と明治変革」併載。
 
表紙 絵で見るフランス革命 イメージの政治学
著者 多木浩二
出版社 岩波書店
サイズ 新書
発売日 2006年05月
価格 842円(税込)
rakuten
ISBN 9784004300748
フランス革命には膨大な絵画が残されている。国王や王妃らの権力者を風刺した漫画から、民衆のエネルギーをダイナミックに描いた作品まで、革命のさまざまな側面が大胆に描かれ、当時の社会や思想状況について新しい視点を提供してくれる。革命の勃発からナポレオンの登場まで、絵画の中から歴史をたどり、革命の意味をあらためて問う。
 

参考サイト

(この項おわり)
header