野辺山宇宙電波観測所の 45メートル・ミリ波電波望遠鏡

1996年8月11日 撮影
45m電波望遠鏡 - 野辺山宇宙電波観測所
野辺山宇宙電波観測所(長野県南佐久郡南牧村野辺山 462-2)でひときわ目立つのが 45 メートル・ミリ波電波望遠鏡である。
アンテナの直径は 45 メートル、重量は 700 トンに及ぶ。動く範囲は、高さ方向に 10 度~90 度、回転方向に 360 度。観測波長は 1mm~1cm(周波数:20GHz~230GHz)。1982 年(昭和 57 年)に完成した。
45m電波望遠鏡 - 野辺山宇宙電波観測所
鏡面の精度は 0.2 ミリの高精度で、完成当時は世界最高の性能を誇る電波望遠鏡であった。
パパぱふぅは中学・高校時代、毎夏、八ヶ岳の麓で合宿していたが、当時はまだ、45 メートル・ミリ波電波望遠鏡はなかった。初めて見る威容に感動した。
また、敷地内には、東西560 メートル、南北 520 メートルに敷かれたレールに沿って開口合成型の電波干渉計5基が配置されている。こちらは直径 10 メートルのパラボラ鏡だが、超高速のデジタル分光器などを備えており、45 メートルの電波望遠鏡の能力と組み合わせることで、直径 600 メートルの巨大パラボラアンテナに匹敵する解像力を実現する。

野辺山宇宙電波観測所は、年末年始を除いて毎日見学できる。入場無料。夏休みには特別公開日もある。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR小海線「野辺山駅」下車、徒歩 40 分
【自動車】
  • 中央自動車道「須玉I.C.」より国道141 号線で清里方面へ約 40 分
  • 中央自動車道「長坂 I.C.」より清里道路を経て約 30 分
  • 中央自動車道「小淵沢 I.C.」より八ヶ岳公園道路を経て約 40 分

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header