溜池交差点は外堀兼用の上水源だった

2005年6月25日 撮影
溜池山王交差点
溜池山王交差点の北には、首相官邸、霞ヶ関官庁街、皇居が連なる。反対側は、アメリカ大使館をはじめとする各国大使館から六本木へ続く。

溜池山王駅(東京都千代田区永田町2-11-1)には東京メトロ銀座線と南北線が入っている。開業は 1997 年(平成 9 年)9 月 30 日。

銀座線の上を走る外堀通りは、名前の通り、かつては外堀兼用の上水源だった。赤坂見附から虎ノ門に至る長さ 1.4km、幅 45m~190m といった大きさで、かなり細長い溜池で、ひょうたん池とも呼ばれていた。
溜池は、宝永 4 年(1707 年)と享保年間(1716~1736 年)の間にその一部が埋立てられたが、1875 年(明治 8 年)から本格的に埋立てが始まり、1888 年(明治 21 年)に溜池町が成立された。
しかし、なにしろ窪地であるため、最近も大雨で何度か冠水している。仕事で来る機会が多いものだから、地下鉄の駅にいるときは恐怖である。

ちなみに、ここから六本木通りを北東に向かうと皇居である。六本木通りは皇室専用車が時々通るが、その際には沿道に警察官が隈無く配置され、信号機のタイミングを調整して、専用車が止まらないようにされている。さすが、である。

1858年の溜池交差点付近

1858年の溜池交差点付近

近隣の情報

参考書籍

表紙 技師たちがみた江戸・東京の風景
著者 笠原知子
出版社 学芸出版社(京都)
サイズ 単行本
発売日 2010年04月
価格 1,944円(税込)
rakuten
ISBN 9784761512705
 

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header