祖谷のかずら橋はカズラで編んだ吊り橋

2007年7月29日 撮影
昨日、大鳴門橋架橋記念館「エディ」で模型を見た祖谷のかずら橋 (いやのかずらばし) の本物に挑戦することにする。

大歩危駅からかずら橋(徳島県三好市西祖谷山村善徳)までは約 11 キロ、タクシーで 15 分ほどだが、高低差 600 メートルを超える険しい山道である。最近乗り物酔い(なぜか鉄道は大丈夫)に悩まされているこぱふぅにとっては厳しいかも――と言って乗車させてもらった祖谷渓タクシー (いやけいたくしー) の気さくな運転手さんが、カーブでスピードを緩めるなど丁寧な運転で事なきを得た。感謝である。
かずら橋
かずら橋は、全長45 メートル、幅 2 メートルの、野生のシラクチカズラ(サルナシ)で編んだ原始的な吊り橋で、祖谷川の上空14 メートルに架かっている。約 6 トンのシラクチカズラが使われている。年間約 30 万人の観光客が訪れる。
日本三奇橋のひとつで、重要有形民俗文化財である。平家の落人が、追われた時に切り落とせるように架けたとの言い伝えがある。
かずら橋の大きな写真大きな写真
(1200×1600 ピクセル, 888 Kbyte)
かずら橋
かずら橋は、もちろん人間専用。普通に歩くだけで、かなり揺れる。しかも床面は隙間だらけ。眼下には祖谷川の急流が――スリル満点である。カズラに手をかけずに中央突破できたら勇者である。
この日は団体バスが 1 台来ていたが、例年、ゴールデンウィークの時期が最も混雑するという。何しろ急いで渡れるという代物ではないので、混雑時には橋の手前に待ち行列ができるそうだ。

屋島の戦い(1185 年)に敗れた平家の落人たちが安住の地を求めて祖谷に住み着き、各々の集落を行き来するため、かずら橋が架けられたという。切り落としやすいようにカズラが使われたという説もある。江戸時代には 7~13 のかずら橋があった。
大正時代に一度、ワイヤーを使った吊り橋に架け替えられたが、1928 年(昭和 3 年)、地域振興目的で復活した。ただし、安全のためワイヤーによる補強は現在も行われている。

3 年に一度架け替えが行われており、架け替えに約 2週間を要するという。
2015 年(平成 27 年)2 月 23 日、架け替え工事を終え、記念式典と渡り初めが行われた。今回は 1 月から地元の人たちが古いかずらを切り落とし、新しいかずらを付ける作業を行った。
2018 年(平成 30 年)2 月 23 日、架け替え工事が終わった。3 年ごとに、手すりや床板などが一新される。

交通アクセス

【鉄道】
  • 大歩危駅より車で約 15 分
【自動車】
  • 井川池田I.C.より車で約 50 分

参考サイト

かずら橋 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header