錦帯橋は現代物理学にかなった強度を誇る

2020年1月1日 撮影
錦帯橋
錦帯橋 (きんたいきょう) (山口県岩国市岩国1丁目)は、錦川に架橋された5連のアーチが美しい国内屈指の木造橋だ。2019年(令和元年)12月から健全度調査(老朽調査)及び保全工事が行われており、2020年(令和2年)3月までご覧のような状態である。
錦帯橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707ピクセル, 2346 Kbyte)
錦帯橋
1673年(寛文13年)、両岸に広がる城下町を繋ぐ橋として、岩国藩主・吉川広嘉 (きっかわ ひろよし) にによって建造された。
その美しい光景は、眼鏡橋日本橋と並ぶ日本三名橋の一つに数えられ、国の名勝にも指定されている。
錦帯橋の大きな写真大きな写真
(1920×1280ピクセル, 787 Kbyte)
錦帯橋
建造の翌年、洪水で消失するが、同じ年、橋台の敷石を強化するなど、当時の土木建築技術の粋を集めて再建した。とくにアーチ部分の精巧さと強度は、現代力学においてもまったく遜色ないという。
この改良により、1950年(昭和25年)のキジア台風まで、276年間持ちこたえた。1953年(昭和28年)に再建。2001年(平成13年)から3年かけて平成の架け替えが行われた。

全長193メートル、橋台の高さ6.6メートル、アーチ部分の最高点は河床から13メートルの高さにある。
錦帯橋の大きな写真大きな写真
(1280×1920ピクセル, 1508 Kbyte)
橋の一帯は、春は桜、秋は紅葉の名所でもある。
アーチの途中までは階段、上部はスロープのような形状になっている。雨の日は滑りやすくなるそうで注意が必要だ。

交通アクセス

【バス】
  • 新岩国駅から約15分(1時間に2便程度)「錦帯橋バスセンター」下車、徒歩約1分
  • 岩国駅から約20分(約10~15分間隔で運行)「錦帯橋バスセンター」下車 徒歩約1分
【自動車】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:錦帯橋
錦帯橋 関連

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header