土佐電鉄(土佐電氣鐵道)は国内第2位の規模

2007年7月29日・2014年12月16日 撮影
土佐電鉄車庫
2007年7月29日 土佐電鉄車庫 写真:こぱふぅ
大きな写真大きな写真
(1600×540 ピクセル, 244 Kbyte)
土佐電鉄車庫
2013年12月16日 土佐電鉄車庫 写真:こぱふぅ
高知市内には、土佐電鉄土佐電氣鐵道)の路面電車が走っている。桟橋線(南北線)の終点の近く、桟橋車庫前に本社(高知県高知市桟橋通4 丁目12番7 号)と車庫がある。
土佐電鉄車庫の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 904 Kbyte)
土佐電鉄車庫
2013年12月16日 土佐電鉄車庫 写真:こぱふぅ
地元では土電 (とでん) と呼ばれているが、東京都の都電と区別するため土佐電と呼ばれることもある。1904 年(明治 37 年)5 月に開業した老舗の路面電車である。
土佐電鉄車庫の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 834 Kbyte)
土佐電鉄車庫
2013年12月16日 土佐電鉄車庫 写真:こぱふぅ
土佐電鉄車庫の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 796 Kbyte)
土佐電鉄
2007年7月30日 高知市内 写真:ままぱふぅ
現在、伊野線・後免線・桟橋線の 3 つの路線を運営しており、総延長は 25.3km と、広島電鉄に次ぐ規模の路線となっている。
路面電車は市内均一料金区間(200 円)と、それ以外の区間からなる。均一料金区間の 1 日乗車券は 500 円――3 回乗ればお釣りが来る。1 日乗車券は、裏面の乗車年月日をスクラッチするようになっている。
路面電車用信号機
2007年7月30日 高知市内 写真:ままぱふぅ
黄色い矢印は、路面電車専用の信号機だ。
自動車教習の教科書にはあるものの、首都圏では実物には滅多にお目にかかれない。。
土佐電鉄車内
2007年7月30日 高知市内 写真:ままぱふぅ
床は木製で、往時の都電や思い起こさせる。

電車の日

1904 年(明治 37 年)5 月 2 日に土佐電鉄の路面電車が開通したのを記念し「電車の日」をもうけ、2005 年(平成 17 年)から毎年 5 月 3 日にイベントを開催している。アンパンマン電車との綱引き大会では、子どもたちが重量約 15 トンのアンパン電車を引っ張る。

イルミネーション電車

土佐電鉄では、2011 年(平成 23 年)からクリスマスに合わせ、LED電球を使ったイルミネーション電車を運行している。

路面電車の経営

路面電車は、一人の運転手で運ぶことができる乗客数が少ないため、経営面で考えると実は効率が悪い。
そんな中、土佐電鉄は営業係数(100 円の運賃収入を得るために必要な経費)が 104.7 円(東洋経済、2010 年(平成 22 年)4 月 3 日号)と、やや赤字気味である。

土佐電気鉄道と高知県交通は、2009 年(平成 21 年)1 月に IC カード「ですか」を導入した。
年齢別に 3 つのタイプがラインナップされているのが特徴だ。
  • 大人用カード(大人障害者・介護用カードでは、発行日から 1 年が有効期間)
  • 小児用カード(発行できるのは小学生で、12 歳の 4 月 1 日までが有効期間)
  • ナイスエイジ(65 歳以上の人が利用可能)

交通アクセス

【鉄道】
  • JR高知駅から土佐電鉄に乗り、桟橋車庫前で下車、徒歩すぐ。
土佐電鉄関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header