神谷バーのデンキブラン

2010年8月17日 撮影
神谷バー
神谷バー(東京都台東区浅草1 丁目1番1 号)は、デンキブランという名前のカクテルを出す店として有名だ。
営業時間は 11 時 30 分から 22 時まで。毎週火曜日が定休日。
1880 年(明治 13 年)4 月、東京府浅草区花川戸町(現・東京都台東区浅草)に、郷里の三河にちなんで神谷傅兵衛が「みかはや銘酒店」を開業したのが始まり。当初は濁り酒を販売していた。1882 年(明治 15 年)には速成ブランデー(現在の電気ブラン)の製造販売を開始した。

1912 年(明治 45 年)4 月 10 日、店舗内部を西洋風にして屋号を「神谷バー」と改めた。現在の神谷ビルが建築されたのは 1921 年(大正 10 年)のことである。

デンキブランは、カクテルのベースになっているブランデー(ブラン)と、ジン、ワインキュラソー、薬草などがブレンドされたお酒。その配合比率は秘伝とされている。
現在はアルコール度数 30 度と 40 度の 2種類が販売されており、これでも十分に強いのだが、登場当初は 45 度もあったというから凄い。飲んだときに舌が痺れる有様を、明治の時代には珍しかった電気に重ね、この名前が付けられたという。

1 杯 260 円のデンキブランを注文すると、口直しの氷水のグラスと共に運ばれてくる。つまみ物もリーズナブルな値段のものばかり。だが、普通の人は 2 杯でやめておいた方がよい。
作家の太宰治が「人間失格」の中で

酔いの早く発するのは、電気ブランの右に出るものはないと保証し


と書いているほどである。
デンキブラン 関連

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:神谷バー

近隣の情報

参考情報

(この項おわり)
header