めがね橋(碓氷第三橋梁)はわが国最大の煉瓦作りアーチ橋

2012年8月17日・2016年9月11日 撮影
めがね橋
2012年8月17日 撮影
めがね橋(群馬県安中市松井田町坂本地内)は、正式名称を碓氷第三橋梁という。わが国最大の煉瓦づくりアーチ橋で、長さ91メートル、高さ31メートル、アーチの数は4つ。
国内最大のレンガ製アーチ橋で、間近で見上げる威容は圧巻。
めがね橋の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 1048 Kbyte)
めがね橋
2016年9月11日 撮影
設計者はイギリス人技師のパゥネルと古川晴一で、1893年(明治26年)12月に竣工した。長らくアプト式鉄道を支えてきたが、1963年(昭和38年)の新線開通に伴い廃線となった。
めがね橋の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1986 Kbyte)
めがね橋
2012年8月17日 撮影
高さ31メートルというとマンション10階に相当するが、下が渓谷になっていることもあり、川底からの高さが31メートルもあり、おそろしく高く感じる。使用された煉瓦は約200万個に及ぶ。
めがね橋の大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 1362 Kbyte)
めがね橋
2016年9月11日 撮影
眼下には、旧中山道(国道18号)が、大きくU字にカーブしている様子が見える。
めがね橋の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1806 Kbyte)
めがね橋
2016年9月11日 撮影
橋梁は、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りだ。1993年(平成5年)、国の重要文化財に指定された。
めがね橋の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1618 Kbyte)
アプトの道
2016年9月11日 撮影
2001年(平成13年)、廃線敷を利用した遊歩道「アプトの道」が整備され、橋上を歩くことができるようになっている。

2008年(平成20年)、めがね橋から旧熊ノ平信号場までの1.2kmの延長工事に着手し、2012年(平成24年)に3月に完成した。これにより、横川駅を基点として、旧上り本線を経由し、旧丸山変電所、峠の湯を経て、旧熊ノ平信号場までの約3kmを歩いて行くことができるようになった。旧熊ノ平信号場からは階段をつたって、旧中山道に降りることができる。
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1690 Kbyte)
アプトの道
2016年9月11日 撮影
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1288×1920 ピクセル, 1597 Kbyte)
アプトの道
2012年8月17日 撮影
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 1494 Kbyte)
アプトの道
2012年8月17日 撮影
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1920×1440 ピクセル, 1121 Kbyte)
アプトの道
2012年8月17日 撮影
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1448×1920 ピクセル, 1330 Kbyte)
アプトの道
2016年9月11日 撮影
横川駅~軽井沢駅間を結ぶJRバスの一部が、めがね橋に停車する。横川駅から約15分、300円の行程である。
バイパスを経由する路線はめがね橋に止まらないので注意したい。
アプトの道の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 668 Kbyte)
旧丸山変電所
2016年9月11日 撮影
旧丸山変電所は、碓氷線が電化されたことに伴い、1912年(明治45年)、当時の鉄道・電気の最先端技術を導入して建設された総煉瓦作りの建物である。1994年(平成6年)、国の重要文化財の指定を受けた。
旧丸山変電所の大きな写真大きな写真
(2560×1557 ピクセル, 2230 Kbyte)

交通アクセス

【バス】
  • JR信越本線「横川駅」からJRバス軽井沢行きに乗車して約13分、「めがね橋」バス停下車
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:めがね橋

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header