熊野大花火大会は「自爆」が名物

2017年8月17日 撮影
熊野大花火大会
三尺玉海上自爆
熊野大花火大会 (くまのおおはなびたいかい) は、毎年 8 月 17 日、七里御浜 (しちりみはま) 海岸(三重県熊野市御浜町・紀宝町・鵜殿村)で打ち上げられる花火大会だ。打ち上げ数は約 1 万発。
熊野大花火大会の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2163 Kbyte)
熊野大花火大会
左上の写真は、三尺玉海上自爆と呼ばれ、海上に浮かべたイカダの上に乗せた 250kg の三尺玉をその場で爆発させるもので、目の前で花火が直径 600 メートルの半円形に広がる。

お盆の初精霊供養に小さな花火を打ち上げ、その火の粉で灯籠焼を行ったのが始まりとされており、300 年あまりの伝統を誇る花火大会だ。
三重県内 1 位の人気の花火大会で、毎年 14 万人の人出がある。
熊野大花火大会の大きな写真大きな写真
(1015×1920 ピクセル, 972 Kbyte)
熊野大花火大会
鬼ヶ城大自爆
フィナーレを飾る鬼ヶ城大自爆は、国の名勝天然記念物となっている鬼ヶ城という岩場、8 号から二尺玉までの花火玉を直に置いてそのまま爆発させる豪快なもので、爆発音が岩場で共鳴し、その爆風と轟音は会場中を震撼させる。その体感震度は震度 7 にも達するという。
熊野大花火大会の大きな写真大きな写真
(2560×1777 ピクセル, 2167 Kbyte)
熊野大花火大会
鬼ヶ城大自爆が登場したのは、1932 年(昭和 7 年)のことである。
日中戦争が始まり、1937 年(昭和 12 年)から花火大会を自粛し、、灯籠焼きだけが行われるようになった。復活するのは 1946 年(昭和 21 年)である。
1963 年(昭和 38 年)から、現在と同じ 8 月 17 日開催になる。
1993 年(平成 5 年)、三尺玉海上自爆が初めて打ち上げられる。

予約販売の有料枡席がある。定員 5 名の 1 枡が 1 万円、2 名の半枡は 6 千円。チケットぴあなどネット購入できる。
熊野大花火大会の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1466 Kbyte)
熊野大花火大会
熊野花火大会の敵は、風雨ではなく高波である。
台風が日本のはるか沖合に発生しており、現地は快晴なのに、沿岸には 5~10 メートルもの高波が打ち寄せている場合があり、花火大会は中止になる。

開催情報は、公式サイトで確認できる。とくに自動車で訪れる方は注意されたい。
熊野大花火大会の大きな写真大きな写真
(1183×1920 ピクセル, 840 Kbyte)
熊野大花火大会
七里御浜海岸は浸食が進んでおり、保安距離の関係から、波打ち際での打ち上げが難しくなり、1994 年(平成 6 年)からは、沖合いに停泊させた台船から打ち上げられるようになった。
熊野大花火大会
熊野市の人口は 1 万 7 千人あまりであるが、その 10 倍近い観客が集まり、当日は街がパンクする。
熊野大花火大会


熊野大花火大会


熊野大花火大会


熊野大花火大会


熊野大花火大会


熊野大花火大会


熊野大花火大会


交通アクセス

【鉄道】
  • JR熊野市駅から徒歩 15 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:七里御浜

近隣の情報

参考サイト

熊野市 関連

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header