名古屋国際会議場 聖地巡礼

2019年4月13日 撮影
名古屋国際会議場
大きな写真大きな写真
(5120×2314 ピクセル, 3298 Kbyte)
名古屋国際会議場
名古屋国際会議場(愛知県名古屋市熱田区熱田西町1番1 号)は、1989 年(昭和 64 年)、名古屋市制 100 周年を記念して開催された世界デザイン博覧会で建設・設置された白鳥センチュリープラザを再利用し、1990 年(平成 2 年)にオープンした。

2010 年(平成 22 年)10 月、第10 回生物多様性条約締約国会議(COP10)が開催され、「名古屋議定書」「愛知ターゲット」が採択された。
2012 年(平成 24 年)より、全日本吹奏楽コンクール中学・高校の部の全国大会がセンチュリーホールで開催されている。『響け!ユーフォニアム』でコンサートホールのモデルとなり、知名度が上がった。
幻のスフォルツァ騎馬像 - 名古屋国際会議場
中庭に面して立つ巨大な幻のスフォルツァ騎馬像は、レオナルド・ダ・ヴィンチが、ミラノ領主ロドヴィコから世界最大のフランチェスコ・スフォルツァ将軍の騎馬像製作を命ぜられ、1493 年(明応 2 年)、馬だけの高さ 7.2 メートルの粘土像を完成させた。しかし、戦争でブロンズの鋳造は断念され、粘土像も破壊されてしまい、「幻の像」となっていたものを、世界デザイン博覧会で再現した。

設計計算で、ブロンズ製では脚部が重量に耐えられないことがわかり、材質は繊維強化プラスチック(FRP)に変更されている。全高8.3 メートル、幅 3.6 メートル、全長8.8 メートル。
幻のスフォルツァ騎馬像 - 名古屋国際会議場の大きな写真大きな写真
(1225×1920 ピクセル, 796 Kbyte)
客席数 3,000 席を備えるセンチュリーホールのほかイベントホール、国際会議場、3 つレストランを備える国際都市名古屋の中核施設である。
施設が設置されている白鳥公園にちなみ、地上からは白鳥が水に浮いている姿、空中からは、白鳥が翼を広げている姿がイメージされている。

交通アクセス

【鉄道】
  • 名古屋市営地下鉄「日比野駅」または「西高蔵駅」から徒歩 5 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:名古屋国際会議場
名古屋国際会議場 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header