スマートフォン「iPhone 12 mini」

2020年11月 購入
iPhone 12 mini
iPhone SE (初代)から iPhone 12 mini に機種変更した。サイズは iPhone SE(初代)より大きくなったものの、第2世代より小さく、画面サイズは0.7インチほど大きくなっている。また、5G通信に対応している。
iOS
対応機種 iPhone 6s以降
iPod touch (第7世代)
公式サイト https://www.apple.com/jp/ios/ios-15/
最新バージョン 15.1.1(2021年11月17日)

目次

主な仕様

iPhone 12 mini
画面サイズは5.4インチで2,340×1,080ドット、解像度は476ppi。iPhone SE(初代)は1,136×640ドット、326ppiだったから、表示がきめ細かくなった。有機ELディスプレイを採用していることで、桁違いのコントラストを実現している。
また、金属よりも硬いナノセラミッククリスタルをガラスに組み込んだセラミックシールドを初めて採用した。落下時の耐久性能は従来製品の4倍となっている。

カメラ性能

iPhone 12 mini
広角と超広角の2つのレンズを内蔵する。
広角レンズは開放絞り値F1.6と明るく、レンズ構成は7枚。夜景を明るく撮影できるナイトモードおよびナイトモードタイムラプスに対応した。

機械学習により、顔以外の被写体を識別して質感を忠実に表現するスマートHDR3、ピクセル単位で写真を解析して被写体の質感や細部、ノイズを最適化する DeepFusion により、服の繊維や木目などの質感もリアルに再現する。
東京タワー
iPhone 12 mini:1/50秒,F1.6,ISO 250
東京タワーの大きな写真大きな写真
(1920×2560 ピクセル, 2377 Kbyte)
東京タワー
EOS 6D:1/4秒,F5,ISO 250
東京タワーの大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2023 Kbyte)
東京タワー
iPhone 12 mini
東京タワー
EOS 6D
デジタル一眼レフカメラ「EOS 6D」と撮り比べをしてみた。被写体は夜の東京タワー
EOS 6Dはフルサイズでレンズ焦点距離24mm、iPhone 12 mini はレンズ焦点距離4ミリで画角は異なる。

下段の写真は、ほぼピクセル等倍にしたところ。
iPhone 12 mini はF1.6というレンズの明るさに加え、ナイトモード の効果で細部まで鮮明に映し出されている。EOS 6Dの方がレンズ口径は圧倒的に大きく、集められる情報量(光量)は多いはずだが、AI画像処理の威力を見せつけられた格好だ。

iOS 15.1

iOS 15
2021年(令和3年)10月25日、iOS 15.1 の配信が始まった。
コンテンツ共有の SharePlay が搭載された。再生している音楽や動画のコンテンツを、FaceTimeの参加者と一緒に楽しめる。Webブラウザや「写真」などの画面を共有できる他、対応するサードパーティーのストリーミングサービスも共有できるようになる。
Appleウォレットは、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種カードに対応し、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットに追加して提示することが可能になった。

iOS 15

iOS 15
2021年(令和3年)9月20日、iOS 15 の配信が始まった。iPhone 6siPhone SE 以降が対象だ。
iOS 14 から大きく変わることもあり、「iOS 15にアップデートせず、iOS 14.xを使い続ける」という選択肢が用意されている。
iOS 15
コントロールセンターから集中モードを変更できるようになった。デフォルトで仕事、睡眠、運転、フィットネス、マインドフルネス、パーソナル、読書などが用意されている。自分に合わせて、新たな集中モードを作ることもできる。
特定の集中モードをオンにすると、基本的にデフォルトで通知がブロックされる。しかし、人やアプリを追加することで、それらの人やアプリからの通知が届くようにもできる。
iOS 15
デフォルトアプリのほとんどすべてがアップデートされた。
Safari のUIが大きく変わった。デフォルトではアドレスバーが画面下、ブックマークを開いたり、現在のページをシェアしたり、前のページへ行ったりするボタン列のすぐ上にある。アドレスバーを下に置きたくない人は、簡単に上へ戻せる。
iOS 15
FaceTime は多機能なビデオ会議サービスになった。Appleのデバイスを持ってない人でもFaceTimeの通話にウェブブラウザから参加できるようになる。
メッセージは、他のAppleアプリとの統合性が向上された。
写真は、iOSが写真をスキャンしてテキストを見つけ、それをSpotlightの検索に保存することで、ライブラリの写真の中のテキストを検索できるようになった。

iOS 14.8

2021年(令和3年)9月14日、iOS 14.8 の配信が始まった。
内容は、重要なセキュリティ・アップデートとなっている。

iOS 14.7

2021年(令和3年)7月7日、iOS 14.7 の配信が始まった。
iPhone 12シリーズが MagSafeバッテリーパックに対応した。
HomePodの複数のタイマー設定が改善した。ホームアプリにタイマー設定が追加され、声を出さずに複数のタイマーが設定できるようになった。
Apple Musicやバッテリーに関する不具合が解消され、いくつかの脆弱性が修正された。

iOS 14.6

2021年(令和3年)5月25日、iOS 14.6 の配信が始まった。
Podcast は、チャンネルまたは個別の番組のサブスクリプションに対応した。
AirTag および“探す”ネットワークアクセサリで、電話番号の代わりにメールアドレスを追加する紛失モードのオプションを追加した。
音声コントロールのユーザは、再起動後の初回ロック解除時に、音声のみを使用してiPhoneのロックを解除可能になった。
この他、CPUパフォーマンスが低下する不具合などが解消され、いくつかの脆弱性が修正された。

iOS 14.5

2021年(令和3年)2月2日、iOS 14.5 の配信が始まった。
Face ID搭載iPhone(iPhone 6s/6s Plus、第1世代のiPhone SE以降、第7世代のiPod touch)をマスクを着けたままロック解除できるようになった。
iPhone X以降の顔認証システムを搭載するiPhoneでは、iOS 14.5をインストールしたあと、同日に公開されたwatchOS 7.4以降を導入したApple Watch(Seires 3以降の世代の機種)とペアリングして使うと、顔にマスクを着けて口と鼻を覆った状態でiPhoneの画面ロックの解除ができるようになる。

また、最新の紛失防止トラッカー「AirTag」に対応した。
iPhone 12シリーズの5G通信まわりの機能が強化され、nanoSIMとeSIMの両方で5Gが利用できるようになるほか、楽天モバイルの5Gを含むキャリア回線に正式対応した。

iPhone 12mini/8s/SE の比較

種別 iPhone 12 mini iPhone 8s iPhone SE
容量 64 / 128 / 256GB 64 / 256GB 16 / 32 / 64 / 128GB
ディスプレイ 5.4インチ
2,340 x 1,080ピクセル(476ppi)
2,000,000:1コントラスト比
4.7インチ
1,334 x 750ピクセル(326ppi)
1,400:1コントラスト比
4インチ
1,136 x 640ピクセル(326ppi)
800:1コントラスト比(標準)
サイズ 131.5×64.2×7.4mm 138.3×67.1×7.1mm 123.8×58.6×7.6mm
重量 133グラム 143グラム 112グラム
チップ A14 Bionic A11 Bionic A7
背面カメラ 12Mピクセル
超広角+広角
光学ズーム2倍
12Mピクセル 8Mピクセル
前面カメラ 12Mピクセル 7Mピクセル 1.2Mピクセル
通信速度 5G 4G LTE-Advanced
(最大300Mbps)
4G LTE
(最大150Mbps)
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax IEEE 802.11a/b/g/n/ac(最大866Mbps) IEEE 802.11 a/b/g/n(最大300Mbps)
Bluetooth 5.0 5.0 4.0
バッテリー駆動時間 ビデオ再生で最大15時間 3Gで最大14時間 3Gで最大10時間
センサー 3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、気圧計 3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー、気圧計 3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

参考サイト

(この項おわり)
header