大隅横川駅の駅舎は100年以上前の建築

2016年3月20日 撮影
大隅横川駅
大隅横川駅 (おおすみよこがわえき) (鹿児島県霧島市横川町中ノ 39-1)は、JR 九州・肥薩線の駅である。
大隅横川駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2115 Kbyte)
大隅横川駅
駅舎は、1903 年(明治 36 年)1 月の開業当時の姿を残している。鹿児島県内では、嘉例川駅 (かれいがわえき) と並び、最古の駅舎であり、国の登録有形文化財となっている。

1945 年(昭和 20 年)7 月 30 日、空襲を受け焼け野原になるが、駅舎は無事だった。駅には、いまでも機銃掃射の跡が残る。
大隅横川駅
島式ホームにはタブレット受けが残されている。

1986 年(昭和 61 年)11 月に無人化した。2013 年度の 1 日平均乗車人員は 111 人である。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR鹿児島中央駅から約 1 時間30 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:大隅横川駅

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header