西暦1077年 - カノッサの屈辱

叙任権闘争は1122年まで続く
カノッサの屈辱
神聖ローマ帝国ハインリヒ 4 世はローマ教皇グレゴリウス 7 世による破門の解除を願い、雪が降りしきる中、1077 年 1 月 25 日から 3 日間、カノッサ城門にて裸足のまま断食と祈りを続けるというカノッサの屈辱が起きた。
ハインリヒ 4 世は、北イタリアにおける影響力を増すために、自分の子飼いの司祭たちをミラノ大司教、フェルモやスポレトの司教などに次々と任命した。
これに対してローマ教皇グレゴリウス 7 世は、司教の任命権が君主ではなく教会にあることを通達したが、ハインリヒ 4 世は聞き入れなかった。こうして叙任権闘争が起きる。
グレゴリウス 7 世は皇帝の破門と皇帝権の剥奪をほのめかしたため、ハインリヒ 4 世は激怒し、1076 年 1 月に独自の教会会議を開いて教皇の廃位を宣言した。2 月に入りグレゴリウス 7 世は、ハインリヒ 4 世の破門と王位の剥奪を宣言した。

これを契機にドイツ諸侯はハインリヒ 4 世に反旗を翻し、1077 年 2 月 2 日までに破門が解かれない場合にはアウクスブルクにおいて会議を開いて新しいドイツ王を決めることを決定した。
危機感を募らせたハインリヒ 4 世は、使者を送って教皇に許しを乞うた。教皇がこれを拒絶したため、皇帝自らが謝罪することになった。

カノッサの屈辱により破門を解かれたハインリヒ 4 世はドイツに戻り、直ちに反対派の諸侯を制圧し王権を確立した。

その後、ハインリヒ 4 世とグレゴリウス 7 世は再び叙任権闘争を起こすが、今度はハインリヒ 4 世が軍勢を率いてローマを囲み、脱出した教皇は 1085 年にサレルノで客死する。
叙任権闘争は、ドイツ南部のヴォルムスで叙任権は教皇にあることを定めた協約(ヴォルムス協約)が成立する 1122 年まで続いた。ヴォルムス協約により、皇帝が統治する俗界と、教皇が支配する聖界の分離をうながし、後の政教分離につながった。

この時代の世界

975 1025 1075 1125 1175 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 1020 1085 グレゴリウス7世 1042 1099 ウルバヌス2世 1066 ノルマン・コンクエスト 1027 1087 ウィリアム1世 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1056 1128 藤原清衡 1079 1107 堀河天皇 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1019 1062 安部貞任 1034 1073 後三条天皇 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1048 1085 神宗 1070 王安石の改革 1038 セルジューク朝の建国 1018 1092 ニザーム・アルムルク 1048 1122 ウマル・ハイヤーム 1096 十字軍遠征はじまる Tooltip
(この項おわり)
header