西暦1051年 - 前九年の役

奥州の覇権が清原氏へ
11 世紀半ば、陸奥国の豪族・安倍氏が朝廷への貢租を怠るようになったため、1051 年(永承 6 年)、陸奥守藤原登任 (ふじわらのなりとう) が出兵、前九年の役 (ぜんくねんのえき) が勃発する。
緒戦は安部氏の圧勝で、登任は更迭。代わりに源頼義 (みなもとのよりよし) が陸奥守となる。ちょうど、後冷泉天皇の祖母・上東門院 (じょうとうもんいん) 藤原彰子 (ふじわらのしょうし) )の病気回復の恩赦にともない、安部氏の罪も赦されることになった。
しかし、頼義の陸奥守としての任期が終わる 1056 年(天喜 4 年)2 月、謀略事件が発生し、再び朝廷と安部氏は戦闘状態に突入した。

1057 年(天喜 5 年)7 月、安部頼時 (あべのよりとき) が戦死するが、貞任 (さだとう) が後を継ぎ、頼義軍に大勝する。
1062 年(康平 5 年)、陸奥守に再任された頼義は出羽国の豪族・清原氏に参戦を要請。
清原氏の参戦によって形勢は朝廷側に有利となり、9 月には貞任が戦死し、安部氏は滅亡した。頼時の娘婿の豪族・藤原経清 (ふじわらのつねきよ) も戦死する。

清原氏のリーダー武則 (たけのり) は戦功により朝廷から鎮守府将軍に任じられ、奥羽の覇者となった。
藤原経清の妻(頼時の娘)は清原武貞 (たけさだ) の妻となり、経清の遺児(後の藤原清衡 (ふじわらのきよひら) )とともに清原氏に引き取られた。このことが後三年の役の遠因となる。
975 1025 1075 1125 1175 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1056 1128 藤原清衡 1079 1107 堀河天皇 1078 1162 藤原忠実 1000 1057 安部頼時 1000 1062 藤原経清 988 1075 源頼義 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1019 1062 安部貞任 1034 1073 後三条天皇 1019 1086 司馬光 1021 1086 王安石 1048 1085 神宗 1070 王安石の改革 1038 セルジューク朝の建国 1018 1092 ニザーム・アルムルク 1048 1122 ウマル・ハイヤーム 1096 十字軍遠征はじまる 1020 1085 グレゴリウス7世 1066 ノルマン・コンクエスト 1042 1099 ウルバヌス2世 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 Tooltip
(この項おわり)
header