西暦1054年 - キリスト教会の東西分裂

ローマ教会とコンスタンティノープル教会へ
‎キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図
‎キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図
1054 年、ローマ教会(西方教会)とコンスタンティノープル教会(東方教会)の対立は決定的なものになり、たがいに相手を破門することで決裂した。両者は同じキリスト教とはいえ、まったく別個な信仰内容と形式、教会組織を発展させていく。

初期のキリスト教には、ローマ、コンスタンチノープル、アンティオキア、エルサレム、アレキサンドリアの各地に中心的な教会があった。これを五本山と呼ぶ。
キリスト教は教義の解釈、典礼の規範において統一した見解がないまま地中海世界一帯に広まってしまい、これが分裂を生む原因となった。

313 年のミラノ勅令によって、ローマ皇帝が強行を兼ねることにより、各地の教会の違いが表面化することはなかった。
しかし、395 年にローマ帝国が分裂すると、ローマ教会とコンスタンティノープル教会の間の対立が目立つようになる。
そして 1054 年、ローマ教皇レオ 9 世とコンスタンティノープル総主教ミカエル 1 世ケルラリオスが相互に破門したことによって、分裂は決定的なものとなった。
975 1025 1075 1125 1175 1054 キリスト教会の東西分裂 1002 1054 レオ9世 1000 1059 ミハイル1世キルラリオス 1020 1085 グレゴリウス7世 1027 1087 ウィリアム1世 1066 ノルマン・コンクエスト 1042 1099 ウルバヌス2世 1077 カノッサの屈辱 1050 1106 ハインリヒ4世 1051 1062 前九年の役 1039 1106 源義家 1083 1087 後三年の役 1086 院政のはじまり 1053 1129 白河天皇 1034 1073 後三条天皇 1056 1128 藤原清衡 988 1074 藤原彰子 992 1074 藤原頼通 1019 1062 安部貞任 1019 1086 司馬光 1070 王安石の改革 1021 1086 王安石 1048 1085 神宗 1038 セルジューク朝の建国 990 1063 トゥグリル・ベク 1029 1072 アルプ・アルスラーン 1055 1092 マリク・シャー 1017 1092 ニザーム・アルムルク 1048 1122 ウマル・ハイヤーム Tooltip
(この項おわり)
header