西暦1749年 - シェーンブルン宮殿が完成

ハプスブルク王朝の離宮
シェーンブルン宮殿
シェーンブルン宮殿
マリア・テレジアがオーストリア大公として君臨していた 1749 年、ウィーンのシェーンブルン宮殿(Schloss Schönbrunn)が完成する。
ハプスブルク王朝の歴代君主が離宮として使用した建物で、両翼の端から端まで 180 メートルあり、部屋数は 1,441 におよぶ。外壁は金張にしようとしたが、マリア・テレジアが財政状況を考慮し、黄金に近い黄色にしたという。
庭園は東西約 1.2 キロ、南北約 1 キロの広さで、1779 年頃から公開されている。1996 年(平成 8 年)にユネスコ世界遺産に登録された。
オーストリアで一番重要な観光資源で、年間入場数 150 万人。更に公園と動物園や行事での集客数 520 万人を合計すると年間には 670 万人が訪れる。

17 世紀初め、神聖ローマ皇帝マティアスが狩猟時に美しい(schön)泉(Brunn)を発見したたことから、この土地がシェーンブルンと名付けられたという。
1693 年、神聖ローマ皇帝レオポルト 1 世(在位:1658 年 - 1705 年)が狩猟用の別荘を建てた。歴代の神聖ローマ皇帝が増改築を行い、1749 年にシェーンブルン宮殿として完成をみることになる。

1762 年、マリア・テレジアの娘マリー・アントワネットが滞在している時、まだ 6 歳だったモーツァルトが招待される。
19 世紀初め、フランス皇帝ナポレオン 1 世が司令部として用い、敷地内にフランス軍が駐屯したことがある。
1814 年、シェーンブルン宮殿で、ナポレオン戦争の事後処理を行うウィーン会議が開催される。
1913 年(大正 2 年)、フランツ・フェルディナント大公が日本から帰国後、日本庭園を造営させた。
1918 年(大正 7 年)、オーストリア=ハンガリー帝国の崩壊にともない、シェーンブルン宮殿はオーストリア共和国政府の所有となる。改装され博物館などに利用された。日本庭園は荒廃したが、1998 年(平成 10 年)、日本から庭師を招き修理復元された。

1960 年代、ウィーンの住宅問題を解決するために、一部の居室が賃貸住宅になった。居住者は建物の性質を変えない程度のリフォームは許されており、2LDK(120m2)で家賃約 4 万円。
2014 年(平成 26 年)には宿泊可能な部屋も用意された。
1625 1675 1725 1775 1825 1875 1749 シェーンブルン宮殿が完成 1717 1780 マリア・テレジア 1755 1793 マリー・アントワネット 1685 1740 カール6世 1756 1763 七年戦争 1740 1748 オーストリア継承戦争 1712 1786 フリードリヒ2世 1710 1774 ルイ15世 1762 「社会契約論」「エミール」が発禁に 1712 1778 ルソー 1717 1783 ジャン・ル・ロン・ダランベール 1723 1790 アダム・スミス 1748 「法の精神」の出版 1689 1755 モンテスキュー 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1735 1826 ジョン・アダムズ 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1711 1761 徳川家重 1737 1786 徳川家治 1719 1788 田沼意次 1697 1769 賀茂真淵 1716 1783 与謝蕪村 1728 1779 平賀源内 1733 1817 杉田玄白 1723 1803 前野良沢 1730 1801 本居宣長 1711 1799 乾隆帝 1728 1762 ピョートル3世 1729 1796 エカチェリーナ2世 1672 1725 ピョートル1世 1688 1747 ナーディル・シャー Tooltip
(この項おわり)
header