西暦1740年 - オーストリア継承戦争

プロイセンの勃興
フォントノワの戦い
フォントノワの戦い
1740 年、カール 6 世が没すると、ハプスブルク家の男系男子は途絶える。長女マリア・テレジアが相続するが、これをめぐってオーストリア継承戦争が勃発する。
カール6世
カール 6 世
1683 年から 1714 年にかけ、ハプスブルク家は、第二次ウィーン包囲に端を発する対オスマン戦争、プファルツ継承戦争(9 年戦争)、スペイン継承戦争と、三十年戦争に続いて再び 30 年におよぶ戦争を戦った。
その結果、ハプスブルク家は領土を倍増させ、神聖ローマ皇帝カール 6 世の時代、国力と勢威を大いに増した。また、ウィーンはハプスブルク君主国の首都として本格的に発展していくこととなる。
マリア・テレジア
マリア・テレジア
1713 年、カール 6 世は国事詔書 (プラグマティッシェ・ザンクチオン) を定め、ハプスブルク家の領土の不可分と、男子のいない場合の女性の家督相続を認めた。
1740 年、カール 6 世が没すると、ハプスブルク家の男系男子が途絶えた。国事詔書にしたがい、長女のマリア・テレジアが相続するが、プロイセン王国のフリードリヒ 2 世(フリードリヒ大王)が相続の条件として、機業・鉱産業が盛んなシュレジェンの割譲を求めた。また、女性のマリア・テレジアは神聖ローマ皇帝に即位することはできず、帝国内の有力諸侯バイエルン公ザクセン選帝侯が皇帝に立候補した。これにフランス王ルイ 15 世が協調した。
フリードリヒ2世
フリードリヒ 2 世
戦端を開いたのはフリードリヒ 2 世だった。シュレジェンへ侵攻し、翌年、中心都市ブレスラウ(現在のヴロスラウ)を占領した。フリードリヒ 2 世に呼応したフランス軍もオーストリア領に侵入し,プラハを占領した。
1742 年、フランスが後押しするバイエルン公選帝侯が神聖ローマ皇帝に選出され、カール 7 世となった。ハプスブルク朝は、いったん途切れる。
フランツ1世
フランツ 1 世
一方、植民地ではフランスやスペインと対立しているイギリスとロシアがハプスブルク家を支援した。イギリスの経済的援助に支えられ、次第にオーストリア軍は盛り返し、1748 年、アーヘンの和約(エクス・ラ・シャペル条約)によって講和する。マリア・テレジアがオーストリア国王(正確にはオーストリア大公妃)に、夫のフランツ 1 世が神聖ローマ皇帝に即位するが、シュレジエン地方をプロイセンに割譲することになった。
ヨーゼフ2世
ヨーゼフ 2 世
1765 年、皇帝フランツ 1 世が没すると、長男のヨーゼフが後を継いだ(ヨーゼフ 2 世)。マリア・テレジアが没するまでの以後 15 年間、ハプスブルク君主国はマリア・テレジア、ヨーゼフ、カウニッツの「三頭体制」により統治されることとなる。
この頃、ヨーロッパではバロック音楽が流行していた。啓蒙専制君主を自称していたフリードリヒ 2 世は、バロック音楽を集大成した J.S.バッハのの次男エマヌエルを宮廷音楽家として迎え、自身もフルートを吹くなどして演奏に加わっていた。

この時代の世界

1625 1675 1725 1775 1825 1740 1748 オーストリア継承戦争 1717 1780 マリア・テレジア 1685 1740 カール6世 1712 1786 フリードリヒ2世 1708 1765 フランツ1世 1741 1790 ヨーゼフ2世 1710 1774 ルイ15世 1701 1714 スペイン継承戦争 1713 ユトレヒト条約 1683 1746 フェリペ5世 1756 1763 七年戦争 1749 シェーンブルン宮殿が完成 1762 「社会契約論」「エミール」が発禁に 1712 1778 ルソー 1748 「法の精神」の出版 1689 1755 モンテスキュー 1694 1778 ヴォルテール 1726 「ガリバー旅行記」の出版 1667 1745 スウィフト 1685 1759 ヘンデル 1725 バイオリン協奏曲「四季」発表 1678 1741 ヴィヴァルディ 1685 1750 バッハ 1663 1729 トーマス・ニューコメン 1728 恒星の年周光行差の観測 1693 1762 ジェームズ・ブラッドリー 1700 1782 ベルヌーイ 1748 オイラーの公式 1707 1783 レオンハルト・オイラー 1759 大英博物館が開館 1732 1789 ジョージ・ワシントン 1722 イースター島の発見 1720 ミシシッピ・バブル崩壊 1720 南海泡沫事件 1721 最初のイギリス首相 1717 1783 ジャン・ル・ロン・ダランベール 1769 1771 クック船長が最初の太平洋探検へ 1728 1779 ジェームズ・クック 1723 1790 アダム・スミス 1724 1804 イマヌエル・カント 1716 享保の改革 1731 1732 享保の大飢饉 1698 1769 青木昆陽 1677 1751 大岡忠相 1684 1751 徳川吉宗 1702 赤穂浪士の討ち入り 1707 宝永の大噴火 1707 宝永地震 1709 1716 徳川家継 1653 1724 近松門左衛門 1657 1725 新井白石 1767 1786 田沼時代 1719 1788 田沼意次 1711 1761 徳川家重 1737 1786 徳川家治 1678 1735 雍正帝 1711 1799 乾隆帝 1721 ロシア帝政始まる 1672 1725 ピョートル1世 1728 1762 ピョートル3世 1729 1796 エカチェリーナ2世 1688 1747 ナーディル・シャー 1703 1787 ムハンマド・イブン=アブドゥルワッハーブ 1752 フランクリンの雷実験 1706 1790 ベンジャミン・フランクリン 1732 1789 ジョージ・ワシントン Tooltip
(この項おわり)
header