西暦1814年 - ウィーン会議

会議は踊る、されど開かれず
ウィーン会議の様子
1814 年、ナポレオンがエルバ島に流されると、その領土の処理をめぐって 90 の王国、53 の公国の代表が参加し、ウィーン会議と呼ばれる国際会議を開く。
しかし、総会は一向に開かれず、宴会や舞踏会に明け暮れる。オーストリアの将軍リーニュは「会議は踊る、されど開かれず」と皮肉った。
ウィーン体制
その間にナポレオンがエルバ島を脱出し再び帝位に就くと、会議は一時中断された。最終的にナポレオンがセントヘレナに流されてから再び会議が再開され、オーストリアのメッテルニヒの主導のもと、1815 年、ウィーン議定書が調印される。
議定書により、ウィーン体制(上図)と呼ばれる国際秩序が生まれた。
勢力均衡によって大国間には平和がもたらされたが、反動的なウィーン体制は長くは続かなかった。各地で自由主義革命が勃発し、立憲主義への移行や新たな国民国家樹立の動きが生じる。
フランスでは 1848 年に二月革命が起き、ウィーン体制は崩壊する。
また、議定書によって誕生したオランダ立憲王国では南北の対立が続き、1830 年にベルギー王国が独立することになる。
1725 1775 1825 1875 1814 ウィーン会議 1773 1859 メッテルニヒ 1804 ナポレオンが皇帝になる 1769 1821 ナポレオン・ボナパルト 1763 1814 ジョゼフィーヌ 1755 1824 ルイ18世 1757 1836 シャルル10世 1773 1850 ルイ・フィリップ 1812 1814 米英戦争 1738 1820 ジョージ3世 1759 1806 ウィリアム・ピット 1759 1805 フリードリヒ・シラー 1749 1832 ゲーテ 1800 ボルタが電池を発明 1745 1827 ボルタ 1796 種痘の実施 1749 1823 ジェンナー 1762 1814 フィヒテ 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1790 1832 シャンポリオン 1824 ベートーベン交響曲第9番「合唱つき」の初演 1770 1827 ベートーベン 1770 1831 ヘーゲル 1766 1834 トマス・マルサス 1825 世界初の鉄道路線 1781 1848 ジョージ・スチーブンソン 1817 自転車の発明 1818 「フランケンシュタイン」の出版 1797 1851 メアリー・シェリー 1785 1851 カール・ドライス 1815 神聖同盟 1812 1814 米英戦争 1735 1826 ジョン・アダムズ 1743 1828 トーマス・ジェファーソン 1810 1821 メキシコ独立戦争 1753 1811 ミゲル・イダルゴ 1783 1824 イトゥルビデ 1846 1848 アメリカ・メキシコ戦争 1745 1818 伊能忠敬 1782 1787 天明の大飢饉 1787 寛政の改革 1758 1829 松平定信 1793 1837 大塩平八郎 1787 1856 二宮尊徳 1793 1853 徳川家慶 1794 1851 水野忠邦 1793 1855 遠山金四郎 1833 1837 天保の大飢饉 1771 1840 光格天皇 1800 1846 仁孝天皇 1792 大黒屋光太夫がロシア女帝に謁見 1751 1823 大黒屋光太夫 1832 鼠小僧の処刑 1797 1832 鼠小僧次郎吉 1809 間宮海峡の発見 1775 1844 間宮林蔵 1821 「大日本沿海輿地全図」完成 1828 シーボルト事件 1755 1829 鶴屋南北 1794 1795 東洲斎写楽の活動 1823 1829 「富嶽三十六景」 1760 1849 葛飾北斎 1802 1822 「東海道中膝栗毛」 1765 1831 十返舎一九 1773 1841 徳川家斉 1814 1842 「南総里見八犬伝」 1767 1848 曲亭馬琴 1776 1843 平田篤胤 1783 1842 柳亭種彦 1793 1841 渡辺崋山 1825 「四谷怪談」の初演 1794 1858 ペリー 1782 1850 道光帝 1785 1850 林則徐 1814 1864 洪秀全 1840 1842 アヘン戦争 1777 1825 アレクサンドル1世 1815 神聖同盟 1796 1855 ニコライ1世 1799 ロゼッタ・ストーンの発見 1769 1849 ムハンマド・アリー Tooltip
(この項おわり)
header