サンシャイン国際水族館でマイワシの大群を見る

2005年12月29日 撮影
マイワシ - サンシャイン国際水族館
サンシャイン国際水族館(東京都豊島区東池袋三丁目1番3 号)に行ってきた。

中に入ってみると、いきなりマイワシの大群である。食べられる魚がこれほど多く見られる水族館ははじめてだ。
水中漫才 - サンシャイン国際水族館
今春から、吉本興業が水中漫才を始めたということで、多くのギャラリーが集まっていた。
ネタは科学的だが、芸人さんは身体を張っているのであった。
アロワナ - サンシャイン国際水族館
巨大な淡水魚を集めた水槽にはピラルクーが悠々と泳いでいた。
ピラルクーは、大きな者では全長5 メートルに達する世界最大の淡水魚と言われており、アマゾン川に生息している。肉食で、アロワナの一種。同じアロワナでも、個人で飼えるような代物ではない。
クラゲの癒し系ムービーで一休み。
マンスリー水槽 - サンシャイン国際水族館
マンスリー水槽は、月替わりで様々な魚が登場する。
12 月下旬からは、2006 年(平成 18 年)の干支である戌にちなみ、ドッグフェイスバファーとイヌザメが泳いでいた。
アシカショー - サンシャイン国際水族館
屋外では毎日数回アシカショーが行われている。ボールや算数計算はもちろん、音楽演奏もこなせる芸達者である。
上演は 1 回 15 分だが、もの凄く寒かった。防寒装備が必要だ。
サンシャイン国際水族館の開業は 1978 年(昭和 53 年)。延べ床面積は約 7800 平方メートルと、葛西臨海水族園(江戸川区)の半分ほどだ。
サンシャインシティの 10階建てビルの屋上部分にあるため、建物が耐えられる水量は 700 トン前後という制約がある。このため、飼育できる生き物の大きさにも限界がある。ユーモラスな姿で人気のあるマンボウは成長すれば体長4 メートルになるが、ここで飼育できるのは 2 メートル前後まで。それ以上に大きくなれば他館へ譲ることになる。ジンベイザメやマグロなどは、最初からあきらめざるを得ない。
こうした制約を逆手に取り、小さな生き物の展示に力を入れてきた。テレビ CM で人気が出た両生類のウーパールーパーや「流氷の天使」と呼ばれる貝の仲間・クリオネなど、小さな生き物を中心に他館にない独特な展示をしている。クリオネはあまりにも小さく、マクロ撮影できるレンズがないと写せないほどである。

リニューアル・オープン

サンシャイン国際水族館は改修工事のため、2010 年(平成 22 年)8 月 31 日の営業を最後に 1 年間休館した。開業から 32 年たって施設の老朽化が進んでおり、展示方法も時代にそぐわなくなっていたためだ。

そして、2011 年(平成 23 年)8 月 4 日にリニューアルオープンした。
さまざまな角度から魚の動きを見て楽しめる施設に生まれ変わり、施設名も「サンシャイン水族館」に変わった。

交通アクセス

【鉄道】
  • JR ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅から徒歩約 8 分。
  • 東京メトロ有楽町線 東池袋駅から徒歩約 3 分。
  • 都電荒川線 東池袋4 丁目駅から徒歩約 4 分。
【自動車】
  • 首都高5 号池袋線 東池袋インターより直結。駐車場はサンシャイン駐車場(30 分/250 円)。ただし、ナンジャタウン利用による駐車料金割引はない。

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header