日本最古のコンクリート電柱は函館市内にある

2012年8月22日 撮影
日本最古のコンクリート電柱
写真の電柱(北海道函館市末広町15-1)は、1923 年(大正 12 年)10 月、函館水電会社(現・北海道電力)が建てたもので、現存するコンクリート電柱では日本最古のものである。

高さ 10 メートル、底辺47 センチメートル四方、上辺は 19.5 センチメートル四方の角錐形という珍しい形をしている。現場打ち工法で造られた。
当時の函館は火災が頻繁に起きており、耐火建築の一環としてこの電柱が建てられた。

後に同型の電柱が建物を挟んで立てられたため、夫婦電柱 (めおとでんちゅう) と呼ばれて市民の話題となった。

函館歴史文化観光検定

函館歴史文化観光検定(はこだて検定)の合格者でつくるボランティア団体「函館検定合格者の会」の活動第1 弾となるまち歩きイベントが、2014 年(平成 26 年)5 月 10 日、日本最古のコンクリート電柱をスタートした。赤レンガ倉庫街や中華会館、ペリー提督記念碑、旧イギリス領事館、旧函館区公会堂などを約 2 時間かけて巡った。
同会は、函館の歴史の魅力を伝えたいと上級合格者8 人で 4 月に結成。年 1 回実施される検定受験者向けの相談会や講習会も今後、開催する予定だ。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:日本最古のコンクリート電柱

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header