岩国城で初日の出

2020年1月1日 撮影
岩国城で初日の出
岩国城(山口県岩国市横山)は、初代岩国領主・吉川広家 (きっかわ ひろいえ) によって、1608 年(慶長13 年)に造られた山城で、眼下を流れる錦川を天然の外堀にし、標高約 200 メートルの城山に位置する。
岩国城で初日の出の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 976 Kbyte)
岩国ロープウェイ
岩国城ロープウエーは、元旦は 6 時 30 分から運行開始。吉香公園前の山麓駅から、約 3 分で山頂駅に到着する。
岩国ロープウェイ
山頂駅に着いた頃には、東の空が白んできた。
岩国城で初日の出
2020 年(令和 2 年)の初日の出は、岩国城から見ることができた。
午前 7 時 16 分、岩国市内から錦川、岩国飛行場(岩国錦帯橋空港)を挟んで、瀬戸内海からのご来光を仰ぐ。
岩国城で初日の出の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 871 Kbyte)
岩国城で初日の出
左側の島は阿多田島 (あたたじま) 
岩国城で初日の出の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 686 Kbyte)
岩国城で初日の出
阿多田島の左に見えるのが、厳島神社のある宮島(厳島)である。
岩国城で初日の出の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 978 Kbyte)
岩国城
関ヶ原の戦いに破れた毛利輝元の家臣であった吉川広家は、米子城からこの地に 3 万石で封じられた。1601 年(慶長6 年)、広家の赴任と同時に岩国城の建設が始まり、1608 年(慶長13 年)に竣工した。しかし、1615 年(慶長20 年)、幕府の一国一城令により廃城となった。

1962 年(昭和 37 年)、鉄筋コンクリート製の天守が復元され、2006 年(平成 18 年)、日本百名城に選ばれた。
岩国城の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1247 Kbyte)

交通アクセス

【鉄道】
  • JR 山陽本線岩国駅よりバス約 20 分「錦帯橋」下車、錦帯橋渡橋後徒歩 5 分、山麓駅よりロープウエーにて 3 分、山頂駅より徒歩 5 分
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:岩国城

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header