安芸の宮島(厳島)、もみじまんじゅう、シカ

2006年7月24日 撮影
厳島神社
大きな写真大きな写真
(3200×698ピクセル, 827 Kbyte)
宮島は、広島湾に浮かぶ島で、正式名称は「厳島 (いつくしま) 」。「安芸の宮島 (あきのみやじま) 」とも呼ばれ、日本三景のひとつである。1952年(昭和27年)に、特別史跡及び特別名勝に指定された。また、大鳥居と厳島神社は、1996年(平成8年)に世界遺産に登録された。

2007年(平成19年)10月22日、国宝「高舞台」で、大相撲・横綱白鵬の奉納土俵入りがあった。厳島神社で奉納土俵入りが行われるのは初めてのこと。秋巡業の宮島場所がこの日、町内の中学校グラウンドで開催されるのに合わせて実現したもの。また、相撲博物館によると、国宝での土俵入りは珍しいとのこと。
厳島神社
宮島の海岸にある厳島神社(広島県廿日市市宮島町1-1)は、推古天皇が創建したと伝えられ、1400年(応永7年)の歴史がある。現在の社殿は、平安時代末期に平清盛の手になるものである。以後、時の権力者の尊敬を集め、多くの寄進が行われたという。
厳島神社の大きな写真大きな写真
(1920×1440ピクセル, 1407 Kbyte)
能舞台 - 厳島神社
写真の能舞台は江戸時代の建築物で、国の重要文化財に指定されている。全国で唯一の海に浮かぶ能舞台で、潮の満ち引きによって床の響きの音色が変わるというユニークな舞台である。
能舞台 - 厳島神社の大きな写真大きな写真
(1920×1418ピクセル, 951 Kbyte)
大鳥居 - 厳島神社
厳島神社の朱塗りの大鳥居も国の重要文化財だ。富士山とともに、日本を象徴する観光スポットとなっている。天気がよい満潮の日は、海面に大鳥居が映し出されるが、この日はあいにくの曇天。
大鳥居は高さ約16メートルで、樹齢約400年のクスノキが用いられている。平安時代以降、数十年から百年前後の間隔で建て替えられており、現在のものは8代目、1875年(明治8年)に建立された。
大鳥居 - 厳島神社の大きな写真大きな写真
(1323×1600ピクセル, 1021 Kbyte)
もみじまんじゅうソフトクリーム
大鳥居の根本は、海底から下1メートルにも入っていないとのこと。鳥居の屋根の下に置かれた石7トンを重しにして、6本足で完全に自立しているのである。台風が来ても地震が来ても倒れないというから、昔の技術は侮れない。

宮島名物「もみじまんじゅう」の老舗、やまだ屋で、広島ならではの杓子せんべい付きのもみじまんじゅうソフトクリームを食べた。
そういえば。昔同じような写真を撮ったことがあった。
関連商品icon
宮島の鹿
宮島ではシカの繁殖が問題になっている。
エサが不足しており、観光客の弁当や食料品が狙われるという情報を得ていたが、奈良公園のシカに比べたら大人しい。ただ、エサには困っているようで、松の葉を食べていた。
シカは厳島神社の神使とされているので、安易に捕獲するわけにはいかないようだ。
関連商品icon
厳島神社
厳島神社の大きな写真大きな写真
(1600×1200ピクセル, 461 Kbyte)
千畳閤
大きな写真大きな写真
(2560×1501ピクセル, 1191 Kbyte)
千畳閤
厳島神社の裏手は小高い丘になっており、五重塔や千畳閤(=写真)が建っている。
千畳閤は、豊臣秀吉が毎月一度、千部経の転読供養をするために天正15年(1587)に着工したものである。金箔を押した軒瓦などは、いかにも秀吉らしい気風だ。
しかし、着工から11年、秀吉が死去したため、完成を見ないまま今日に及んでいる。
天井や正面玄関が無く、一見すると廃墟のような趣のある大伽藍である。全部畳を敷けば857畳になるという。

この瓦の「王」で思い出すのは、ウンモ星人のUFOだ。
厳島神社の惑星
GIGAZINEで「Photoshopでパノラマ画像から惑星を作る方法」が紹介されていた。
厳島神社の写真が左右対称なので、早速、惑星にしてみた。
どうでしょう。神様のいる惑星に見えますか?
関連商品icon

交通アクセス

2004年(平成16年)9月7日、台風18号の暴風と高潮のため、厳島神社の国宝の左楽房が倒壊した。また、全37棟のうち国宝と重要文化財30棟が被害を受けた。その修復には7億9000万円と2年の期間を要した。
2007年(平成19年)8月3日、台風5号の接近で、再び厳島神社の回廊が冠水した。このときには3年前の教訓を生かし、事前に床板を外したり、拝殿の神具などを高い場所に移動するなどして、大事には至らなかった。
厳島神社は、創建時から回廊の床板にすき間を作り、海面上昇時にすき間から水があふれ、水圧による破損を防ぐ構造になっている。
1990~2000年(平成12年)の10年間は、神社入口の冠水は毎年1日程度だった。それが、2004年(平成16年)には20日に急増した。
とくに大潮と重なった2004年(平成16年)の台風18号では回廊が50センチも水没、2007年(平成19年)の台風5号では30センチだった。これらは創建時の耐水設計を上回る潮位上昇で、建物の被害を大きくしている。地球温暖化による海面上昇と、黒潮の蛇行や暖水塊の接近に伴う異常潮位が原因のようだ。
1962年(昭和37年)から厳島神社に勤めている飯田楯明禰宜 (ねぎ) は、「90年以降、台風が大型化した。91年、99年、2004年と、被害を受ける間隔も短くなった」と心配を隠せない様子だ。

宮島水族館のウルト君

厳島神社の近くにあり、中国地方最大の水族館である宮島水族館で2014年(平成26年)5月、コツメカワウソのウルト君が「ドヤ顔」をするとネット上で話題になっている。

参考サイト

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header