JR東日本 209系は1993年デビュー

1993年にデビューした新系列車両

武蔵野線

武蔵野線 209系
2013年7月20日 船橋法典駅 こぱふぅ
209 系電車は、老朽化した103 系の後継車両として、1993 年(平成 5 年)にデビューした。VVVF インバータを搭載し、最高速度は 110km/h である。
武蔵野線 209系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 548 Kbyte)
武蔵野線に導入された 209 系 500番台は、2,950mm の拡幅車体(従来車より 150mm 拡大)となっており、先頭車の車体長を中間車と同じにした結果、先頭車の第1 ドア・第2 ドア間の寸法が短くなり、従来車ではすべて 7 人掛けであったドア間の座席がこの部分のみ 6 人掛けとなっている。

南部線

南武線 209系
2013年9月7日 西府駅 こぱふぅ
205 系は、それまでの鉄道車両の製造・整備方法を全面的に改めた設計思想が採用され、JR 東日本では 205 系以降の車両を「新系列車両」として区分している。
本格的な VVVF インバータ制御を採用している。
南武線 209系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 813 Kbyte)

京浜東北線

京浜東北線 209系
2007年4月28日 大森駅 こぱふぅ
1993 年(平成 5 年)にデビューした 205 系は、最初に京浜東北線に導入された。
車両設計の根本から見直しが行われ、「寿命半分」「重量半分」「値段半分」がコンセプトとなっている。
京浜東北線 209系の大きな写真大きな写真
(1600×1400 ピクセル, 407 Kbyte)
京浜東北線 209系
2006年8月15日 桜木町駅 こぱふぅ
それまでの鉄道車両の製造・整備の方法を全面的に改めた新しい設計思想が採用され、JR 東日本では209 系以降の車両を「新系列車両」として区分している。設計段階より廃車後のリサイクル計画が策定されるなど、環境問題にも配慮した設計となっている。

京浜東北線の 6 ドア車は、1995 年(平成 7 年)に登場した。
京浜東北線 209系
2007年4月28日 大森駅 こぱふぅ
車両デザインは、成田エクスプレス(253 系)、房総ビューエクスプレス(255 系)、E217 系特急電車などのデザインも担当した有名なインダストリアルデザイナーの榮久庵憲司 (えくあん けんじ) が担当した。2xx シリーズと Exx シリーズのデザインの落差は激しく、とても同じ人物が担当したようには思えないのだが‥‥。
1993 年度にグッドデザイン賞ブルネル賞奨励賞を受賞した。
京浜東北線 209系
2000年12月10日 東京駅 こぱふぅ
座席幅の拡大と区分化を実施、両先頭車には車イス対応スペースが設置されている。また、ドア上部には LED 式停車駅案内装置のほか、ドアの開閉をチャイムで知らせる装置も設置されている。
京浜東北線のウラ編成(?)にはデジタルモニタがあるらしい。
京浜東北線 209系
2003年12月20日 上野駅 こぱふぅ
この 209 系もE233 系が導入されると、廃止される。

総武線

総武線 209系500番台
2015年2月3日 秋葉原駅 こぱふぅ
総武線では 1998 年(平成 10 年)に登場したが、E231 系導入までの中継ぎであり、実際に導入した車両数は少ない。先に導入した京浜東北線209 系とは外寸が異なるため 500番台を冠している。
総武線 209系500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1578 ピクセル, 1732 Kbyte)
総武線 209系500番台
2014年6月1日 中野駅 こぱふぅ
総武線 209系500番台の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 633 Kbyte)
総武線 209系500番台
2006年11月12日 中野駅 こぱふぅ

八高線

八高線 209系3000番台
2006年6月10日 八王子駅
1996 年(平成 8 年)3 月 16 日の八高線(八王子~高麗川間)電化開業時に用意されたのが 209 系 3000番台で、ドアスイッチ式の半自動扉を装備している。
八高線 209系3000番台
2003年8月24日 八王子駅 こぱふぅ
八高線では、2003 年(平成 15 年)に旧式の205 系が導入されたり、2004 年(平成 16 年)に東京臨海高速鉄道の余剰車両を改造した 209 系 3100番台を導入するなど、車両計画が乱れている。
八高線 209系3100番台
2007年9月16日 八王子駅 こぱふぅ
こちらは 209 系 3100番台である。2007 年(平成 19 年)11 月現在、川越車両センターに 2編成 8 両が配置されている。このうち 6 両は、東京臨海高速鉄道70-000 形の余剰車両を改造したもので、先頭車両のデザインが209 系 3000 形と微妙に異なる。

参考サイト

209系 関連
(この項おわり)
header