欅平は黒部峡谷随一の観光スポット

2018年8月12日 撮影
奥鐘橋 - 欅平駅
奥鐘橋
欅平駅(富山県黒部市黒部奥山国有林)は、黒部峡谷鉄道のトロッコ列車の終点である。標高は 599 メートルと、東京で言えば高尾山と同じだ。
奥鐘橋 - 欅平駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2714 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 欅平駅
黒部峡谷鉄道 欅平駅
上の写真は、駅から 5 分ほどのところにある奥鐘橋 (おくかねばし) で、景勝地・奥鐘山に架かる高さ 34 メートルの朱色の橋だ。
黒部峡谷鉄道 欅平駅の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1318 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 欅平駅
黒部峡谷鉄道 欅平駅
駅の 1階は土産物売り場、2階には 200 席という広い食堂がある。

関西電力の特別ツアーに当選すると、ここから関西電力黒部専用鉄道を使って黒部川第四発電所を見学することができる。
黒部川第四発電所
2017年9月21日 撮影 黒部川第四発電所
黒部川第四発電所は、景観保護と積雪対策のため、変電設備とともに岩盤をくりぬいた中に建設された。
河原展望台 - 欅平駅
河原展望台
駅の脇を下ってゆくと、河原展望台に行き着く。
写真の左側に黒部川が流れ、右上方に奥鐘橋が見える。
河原展望台 - 欅平駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2096 Kbyte)
河原展望台 - 欅平駅
河原展望台
右側の屋根のあるところが足湯になっている。トロッコ列車の運行期間中、無料で利用できる。

宇奈月温泉とは違って濁り湯だ。
黒部峡谷 - 欅平
黒部峡谷
奥鐘橋から眺める黒部峡谷が絶景である。

黒部峡谷は、立山連峰と後立連峰に挟まれた日本有数の V 字谷で、その深さは 1,500 メートルにも及ぶ。日本三大渓谷、日本の秘境百選に選ばれており、国の特別名勝、特別天然記念物でもある。
その中心を流れる黒部川は、八千八谷といわれる多くの渓流を合わせながら、標高差 3,000 メートル、86km を流れ下り、黒部川扇状地を経て日本海に注ぐ。黒部峡谷流域の平均斜度は 36 度と非常に勾配が強く、30 度~45 度の部分が全体の 7 割に及ぶ。雪解けの豊富な水量で流速も早いことから、戦前から電源開発が行われてきた。
黒部峡谷 - 欅平の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 2250 Kbyte)
人喰い岩 - 欅平
人喰い岩
奥鐘橋を渡った先は、岩をくりぬいて作った歩道となっており、大きく口を開けた岩が人を飲み込むように見えることから、人喰い岩と呼ばれている。
この先を歩いて行くと、名剣温泉 (めいけんおんせん) 祖母谷温泉 (ばばだにおんせん) がある。
人喰い岩 - 欅平の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2722 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 欅平駅
黒部峡谷鉄道 欅平駅
人喰い岩の近くから欅平駅を振り返ってみたところ。
黒部峡谷鉄道 欅平駅の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 3059 Kbyte)
黒部峡谷鉄道 関連

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:欅平駅

近隣の情報

参考サイト

(この項おわり)
header