西暦25年 - 後漢が建国

劉秀(光武帝)が建国
光武帝
中国で、西暦 25 年、漢王朝の末裔である劉秀(のちの光武帝 (こうぶてい) )が王莽 (おうもう) の新を滅ぼして漢王朝を復興し、後漢が成立した。都は洛陽である。前漢を西漢と呼ぶのに対し、東漢ともいう。

後漢時代は若い皇帝が相次いで即位し、政治の実権は外戚が握っていた。賄賂政治が横行して、国民の不満がつのっていった。
184 年、張角を首領とした黄巾党 (こうきんとう) の乱が起き、全国に広がった。これをきっかけに後漢は衰退、220 年に滅亡し、三国時代へ突入する。
-225 -125 -25 75 175 25 220 後漢 -6 57 光武帝 -206 8 前漢 8 23 -6 57 光武帝 -49 カエサルがルビコン川を渡る -69 -30 クレオパトラ -27 ローマの帝政はじまる -63 14 オクタビアヌス -4 28 イエス・キリスト 37 68 ネロ 53 117 トラヤヌス 96 五賢帝時代はじまる Tooltip
(この項おわり)
header