西暦1274年 - 文永の役

最初の元寇
元寇
1274 年(文永 11 年)10 月 20 日、軍船900隻、兵士 2 万 6 千人のモンゴル軍が九州博多湾に迫った。最初の元寇 (げんこう) 、これが文永の役 (ぶんえいのえき) である。蒙古襲来とも呼ばれる。
当時、大陸を支配していたモンゴル帝国(元)の皇帝フビライは、帝国が発行する紙幣の換金製を担保するために、日本の銀を狙っていた。そこで、1268 年(文永 5 年)、属国の高麗王国 (こうらいおうこく) を介して日本に使者を送った。
一方、これに脅威を感じた鎌倉幕府は、第8 代執権・北条時宗 (ほうじょうときむね) のもと、徹底的な無視を決め込む。

業を煮やしたモンゴル帝国は高麗王朝と連合し、1274 年(文永 11 年)、日本遠征を行った。
10 月 5 日、モンゴル軍は対馬に上陸。続いて壱岐を襲った。
鎌倉幕府は大宰府に御家人などを集め、3000騎で防戦体制を固めた。
一騎打ちで臨んだ日本軍は、モンゴル軍の集団戦法や火薬による攻勢に為す術がなかった。
ところが一夜明けた 10 月 21 日、モンゴル船団は消え失せていた。暴風雨(いわゆる神風によりモンゴル軍船は壊滅状態に陥ったと言われていたが、最近の研究では、文永の役はモンゴル軍の敵情視察と威嚇攻撃に過ぎず、1 日で撤退する計画だったと考えられている。

鎌倉にいた北条時宗の元に報告がもたらされたのは、1週間後の 11 月 1 日であった。
1175 1200 1225 1250 1275 1300 1325 1350 1274 文永の役 1281 弘安の役 1251 1284 北条時宗 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1271 元の建国 1215 1294 フビライ 1254 1324 マルコ・ポーロ 1206 モンゴル帝国の成立 1241 ワールシュタットの戦い 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス 1214 1270 ルイ9世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン Tooltip

参考書籍

表紙 蒙古襲来 歴史を変えた日本の戦い
著者 加来耕三/水谷俊樹
出版社 ポプラ社
サイズ 全集・双書
発売日 2009年11月
価格 1,080円(税込)
rakuten
ISBN 9784591110942
史上最大の帝国“元”から二度の侵略。未曾有の危機に、立ち向かう男達。
 
表紙 蒙古襲来 海から見た歴史
著者 白石一郎
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 2003年12月
価格 637円(税込)
rakuten
ISBN 9784062739146
元の大軍勢はなぜ敗れ去ったのか?海洋歴史小説の第一人者にして戦いの舞台・福岡在住の著者が、クビライの海洋帝国構想、玄界灘の北西季節風の影響、軍船の構造と建造日程など、海からの視点と大胆な推論で「蒙古襲来」の真相を解明する。十三世紀の「日本」と「世界」の激突を、臨場感豊かに描く歴史読物。
 

付近の地図

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header