西暦1250年 - マンスーラの戦い

マムルーク朝の成立
マンスーラの戦い
1248 年、フランス王ルイ 9 世が率いる第7 回十字軍がエジプト侵攻してきた。エジプトのアイユーブ朝のスルタン、サーリフが急死したため、1250 年に将軍ファフルッディーン・ユースフとマムルークのバイバルスが交戦し、マンスーラの戦いが起きる。ルイ 9 世がアイユーブ軍の捕虜となり戦争は終結した。
サーリフの夫人だった奴隷身分出身のシャジャル・アッ=ドゥッルがスルターンに即位してマムルーク朝を創始するが、長くは続かず、1260 年、モンゴル帝国のフラグを撃退すると、バイバルスがスルタンに即位する。

マムルークとは、奴隷を解放して軍人としての教育を施したものだ。身寄りがないため、主人に忠誠を誓う彼らは、団結と統制を武器に、精強な部隊となる。やがて、マムルーク軍団は君主の側近として権力を持つようになる。

クーデター

アイユーブ朝の第8 代スルタン、トゥーラーン・シャーは、第6 回十字軍を撃退し、フランス王ルイ 9 世を捕虜にした。だが、戦いの主力となったマムルークを冷遇したため、マムルークによるクーデターが起きた。1250 年、30 才の青年将校バイバルスは、トゥーラーン・シャーを殺害した。この年をもってマムルーク朝が始まる。

マムルークの将軍たちはアイユーブ朝の権威を利用しようとし、スルタンの妻シャジャルを担ぎ出し、彼女を女性スルタン(スルタナ)とした。彼女は間もなくマムルークの一人アイバクと結婚し、彼にスルタンの称号を授けた。しかし、マムルークたちは互いに反目し政権は動揺した。

アインジャールートの戦い

そんな中、モンゴル帝国のフラグが西アジアに進出してきた。1258 年、フラグはバグダードを攻略し、アッバース朝のカリフを殺害した。
モンゴルの脅威に立ち向かうため、マムルーク朝はバイバルスを中心に結束し、1260 年、アインジャールートの戦いでフラグを撃退した。功労者であるバイバルスは第5 代スルタンとなり、以降はバイバルスの子たちにスルタン位が世襲される。

マムルーク朝は、1291 年、十字軍の建てたエルサレム王国の最後の拠点アッコン(アッカ)を攻略し、キリスト教勢力を西アジアから一掃した。

首都カイロの繁栄

首都カイロは国際的な商業都市として繁栄し、その商人はカーリミー商人と言われてアラビア海方面で活躍した。
農業生産力も向上し、小麦・大麦などの主産物に加えて、サトウキビの栽培とそれを原料とした砂糖の生産が増え、主要な輸出品となった。
マムルーク朝は東西交易のルートを握り、16 世紀初頭までインド洋交易圏でのダウ船による海上貿易を支配した。

マムルーク朝は一貫した王朝ではあるが、いくつかの例外を除き王位の世襲は行われず、マムルーク軍人中の有力者がスルターンに就き、1517 年まで続く。

衰退と滅亡

14 世紀の半ばを過ぎると、ヨーロッパの黒死病(ペスト)が伝染し、人口が減少した。凶作による飢饉も重なって次第に国力が衰えた。
15 世紀に入ると、小アジアに起こったオスマン帝国の圧迫を受けるようになった。
また、15 世紀末にヴァスコ・ダ・ガマによってインド航路が開拓され、ポルトガル勢力のインド洋進出が活発となり、1509 年にはディウ沖の海戦でポルトガル海軍に敗れ、アラビア海の制海権を失った。

マムルーク朝は一貫した王朝ではあるが、いくつかの例外を除き王位の世襲は行われず、マムルーク軍人中の有力者がスルタンに就き、1517 年まで続く。

この時代の世界

1125 1175 1225 1275 1325 1375 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス 1200 1250 トゥーラーン・シャー 1218 1265 フラグ 1186 1241 オゴタイ 1214 1270 ルイ9世 1187 ヒッティーンの戦い 1241 ワールシュタットの戦い 1299 オスマン帝国建国 1258 1326 オスマン1世 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1181 1252 プラノ・カルピニ 1194 1250 フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝) 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1241 ワールシュタットの戦い 1186 1241 オゴタイ 1206 モンゴル帝国の成立 1190 1244 耶律楚材 1167 1227 チンギス・ハン 1215 1294 フビライ 1271 元の建国 1221 承久の乱 1219 源実朝の暗殺 1180 1239 後鳥羽天皇 1163 1224 北条義時 1183 1242 北条泰時 1192 1219 源実朝 1200 1219 公暁 1173 1262 親鸞 1200 1253 道元 Tooltip
(この項おわり)
header