西暦1260年 - イル汗国の成立

モンゴルのイスラーム化
バグダード包囲
バグダード包囲
チンギス・ハンの孫フラグは、西アジア遠征に出向き、1258 年にバクダードを攻略しアッバース朝を滅ぼした。さらに 1260 年にシリアに進出するが、兄であるモンゴル帝国皇帝モンケ死去の報を受け、西アジアにイル汗国を建国することを決断した。

フラグの征西

モンゴル帝国第4 代皇帝モンケは、1253 年、弟フラグに西アジア遠征を命じた。
1256 年、フラグはイラクの制圧を完了すると、1258 年にバクダードを攻略し、アッバース朝を滅ぼす。1260 年、シリアに進出し、アレッポとダマスカスを支配下に置いた。
この年、モンケが死去し、フラグは帰国の途に着くが、次兄フビライと弟アリクブケによる帝位継承の争いが起きていることを知り、西アジアにとどまってイル汗国を建国することを決断した。首都は、イラン西部のダブリーズに置いた。

イスラーム化

フラグの子アバカが第2 代ハンになると、エジプトのマムルーク朝や北方のキプチャク汗国と対立する。1278 年には、小アジアのルーム・セルジューク朝を属国とした。

イル汗国の支配層はモンゴル人であったが、次第に高い文化的伝統を持つイラン人に感化されてゆく。
1295 年、第7 代ハンのガザンの時代、スンナ派イスラーム教に改宗する。ガザンは、イラン人宰相ラシード・アッディーンを登用し、イラン=イスラーム文化を開花させることとなった。

滅亡

1335 年、第9 代ハン、アブー・サイードが皇后に暗殺され、フラグの血統が途絶えた。ハン継承権をめぐって内乱となり、15 世紀に入るとティムール帝国に吸収され、滅亡した。
1175 1225 1275 1325 1375 1260 イル汗国の成立 1218 1265 フラグ 1209 1259 モンケ 1200 1250 トゥーラーン・シャー 1234 1282 アバカ 1223 1277 バイバルス 1250 マンスーラの戦い 1249 1318 ラシード・アッディーン 1271 1304 ガザン 1299 オスマン帝国建国 1258 1326 オスマン1世 1206 モンゴル帝国の成立 1207 1255 バトゥ 1241 ワールシュタットの戦い 1206 モンゴル帝国の成立 1241 ワールシュタットの戦い 1215 1294 フビライ 1271 元の建国 1298 「東方見聞録」出版 1254 1324 マルコ・ポーロ 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1215 大憲章(マグナ・カルタ) 1214 1270 ルイ9世 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1264 1314 クレメンス5世 1268 1314 フィリップ4世 1265 1321 ダンテ 1227 1263 北条時頼 1222 1282 日蓮 1239 1289 一遍 1251 1284 北条時宗 1274 文永の役 1281 弘安の役 1303 1333 北条高時 1333 鎌倉幕府滅亡 Tooltip
(この項おわり)
header