木更津で潮干狩りしたあとはクレープを食す

2008年5月6日 撮影
木更津で潮干狩り
団体列車-木更津で潮干狩り
今年も PTS(2015 年、JTB に完全吸収) の潮干狩りツアーに参加した。
JR の団体列車で、荻窪から木更津まで 1 時間40 分ほどの行程――JR 主催のツアーだと新型車両に乗れるらしいが、まあ仕方ない。
江川海岸-木更津で潮干狩り
今年は木更津海岸(中の島)ではなく、木更津駅からシャトルバスに乗り換え、江川海岸へ向かった。

潮干狩りのタイミングは、木更津漁協協同組合の潮見表が参考になる。
また、全国の潮干狩りスポットや準備については、 るるぶの潮干狩りスポット が参考になるだろう。
江川海岸-木更津で潮干狩り
江川海岸は、木更津海岸よりさらに遠浅である。

このツアーでは休憩所を利用することができる。持参したサンダルに履き替え、日焼け止めを塗り、帽子とタオルを被る。ペットボトルも持っていこう。
江川海岸-木更津で潮干狩りの大きな写真大きな写真
(1600×1181 ピクセル, 259 Kbyte)
江川海岸-木更津で潮干狩り
熊手と貝を入れる網袋はツアーで用意してくれる。熊手のみ返却。

今年は昨年に比べ不漁だった。あらかじめ電車の中で昼食のお弁当が配られるのだが、1 日でこれしか収穫がなかったら、飢え死にしてしまうことだろう――大森貝塚に住んでいた古代人のようには生きていけない(苦笑)。
クレープ-木更津で潮干狩り
再びシャトルバスで木更津駅に戻ってきた。電車が出発するまで時間があるので、駅の反対側にあったマリオンクレープでクレープを食べる。
東京にあるお店より量が多い気がする――。
きぬ太くん-木更津駅
木更津駅前には「きぬ太くん」のモニュメントがある。タヌキが逆立ちしているから「キヌタ」とのこと――。
「♪しょう しょう しょうじょうじ~」でお馴染みの童謡「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」は、野口雨情が木更津を訪れた際に聞いた證誠寺(千葉県木更津市富士見2-9-30)の狸囃子伝説を元に作詞したものだ。翌1925 年(大正 14 年)、中山晋平が曲をつけ、児童雑誌「金の星」に発表された。
潮干狩り道具 関連

交通アクセス

木更津駅→江川海岸:5.4km
(車:8 分,自転車:22 分,徒歩:1 時間5 分)

【鉄道】
  • 東京駅から JR特急で約 52 分,JR 快速で約 61 分
  • 千葉駅から JR 快速で約 36 分
【バス】

周辺地図

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header