JR東日本 E257系は新世代特急形車両

2001年に中央線へ導入

目次

特急「あずさ」「かいじ」

特急「あずさ」E257系
2013年3月24日 長坂駅付近 写真:こぱふぅ
E257 系は、2001年(平成13年)にデビューしたJR東日本の特急形車両で、2002年(平成14年)に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞した。
しかし、ぱふぅ家では、E351 系(スーパーあずさ)に比べて安っぽく見えると評判が悪い。
特急「あずさ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 703 Kbyte)
特急「スーパーあずさ」E351系
2013年3月24日 長坂駅付近 写真:こぱふぅ
VVVFインバータ制御でE351 系と同じ最高速度(130km/h)を出せるものの、導入コストが高いという理由から振り子装置は省かれた。
写真で比べると、違いは歴然としている。
特急「あずさ」E257系
2019年2月10日 鳥沢駅付近 写真:こぱふぅ
その代わり、空調装置などをすべて床下に配置するなど低重心化を行うことで、高速化を果たしている。
特急「あずさ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1172 ピクセル, 1039 Kbyte)
特急「あずさ」E257系
2017年6月10日 白馬大池駅~千国駅間 写真:こぱふぅ
特急「あずさ」E257系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2335 Kbyte)
特急「あずさ」E257系
2014年5月3日 小仏峠付近 写真:こぱふぅ
2002年(平成14年)12月1日のダイヤ改正までに、183系189系の特急「あずさ」「かいじ」はすべてE257系になった。
特急「あずさ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 635 Kbyte)
特急「あずさ」E257系
2013年12月13日 広丘駅 写真:こぱふぅ
また、中央ライナー・青梅ライナーで・湘南ライナー・おはようライナー新宿・ホームライナー小田原などの通勤用車両としても活躍されている。
特急「あずさ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 554 Kbyte)
特急「かいじ」E257系
2014年5月3日 小仏峠付近 写真:こぱふぅ
写真は特急「かいじ」。
特急「かいじ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 623 Kbyte)
特急「かいじ」E257系
2013年12月13日 広丘駅 写真:こぱふぅ
E257系は、インダストリアル・デザイナーの榮久庵憲司 (えくあんけんじ) がデザインを担当した。
特急「かいじ」E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 665 Kbyte)
E257系
2017年6月10日 鳥沢駅付近 写真:こぱふぅ
ちなみに、E217系(横須賀・総武線快速電車)や253 系(成田エクスプレス)も同じデザイナーの作品である。これらに比べて安っぽく見えるのは、カラーリングや運用のせいだけだろうか。
E257系の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2259 Kbyte)
E257系
2014年5月3日 小仏峠付近 写真:こぱふぅ
E257系の大きな写真大きな写真
(1920×1080 ピクセル, 570 Kbyte)
特急「かいじ」 E257系
2012年8月18日 小淵沢駅 写真:こぱふぅ
E257系は、直流用急行形電車(165系)の置き換えのために投入された新世代の特急形電車で、E653系(フレッシュひたち)やE751系(スーパーはつかり)の基本構造に加え、E231系に採用した制御伝送システムTIMSを搭載している。
JRが独自に設計・製造した特急形車両では初めて製造両数が200両を越えた。
特急「かいじ」 E257系の大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 549 Kbyte)
E257系
2006年7月2日 中野駅近くの跨線橋 写真:パパぱふぅ
E257系は、白を基調とした車体側面に、武田菱を模した大きなブロック模様がシールで貼られているが、配色は車両ごとに少しずつ異なっている。また、客用ドア横の号車番号表示には沿線の風物のイラストが号車ごとに描かれている。
E257系-あずさ,かいじ
中央線沿線の美しい自然を満喫できるような大きな窓、車内の温度環境を快適にするため荷棚の先端付近から、冷・温風が吹き出す新しい空調システムが導入されている。
E257系-あずさ,かいじの大きな写真大きな写真
(1600×1200 ピクセル, 358 Kbyte)
E257系
2001年8月1日 高尾駅 写真:ままぱふぅ
高尾駅でお披露目されたときのE257系。
E257系-あずさ,かいじ
2006年6月10日 立川駅 写真:こぱふぅ
E257系-あずさ,かいじ
2006年6月10日 三鷹駅 写真:こぱふぅ
特急「かいじ」 E257系
2011年6月5日 横尾踏切 大月~猿橋間 写真:こぱふぅ
E257系 関連

特急「わかしお」「さざなみ」「しおさい」「あやめ」

E257系500番代
2020年2月24日 本納~新茂原駅間 写真:こぱふぅ
内房線特急「さざなみ」と外房線特急「わかしお」の他、総武本線特急「しおさい」と成田・鹿島線特急「あやめ」にも使われるようになった。
E257系500番代の大きな写真大きな写真
(1920×1221 ピクセル, 924 Kbyte)
E257系500番代
2004年8月28日 写真:こぱふぅ
車両デザインは、中央線特急に導入されたE257 系と同じだが、カラーリングが異なる。
E257系500番代
2006年8月15日 錦糸町駅 写真:パパぱふぅ
JR東日本によれば、コンセプトは「美しい房総半島の自然」「近代的な幕張地区のイメージ」「さわやかなくつろぎ」「さらに発展してゆく千葉のエネルギッシュなイメージ」となっているが、ぱふぅ家では、中央線E257系以上に評判の悪い(ダサイ)車両ということになっている。
E257系500番代
2007年2月26日 千葉駅 写真:パパぱふぅ
E257系わかしお 関連

5000番台・5500番台

E257系 5000番台
2022年1月8日 成田駅 写真:こぱふぅ
185系の老朽化による置き換えとして、0番台と500番台に転用改造及び機器更新が施されて誕生した番台区分。
塗装は爽やかさ、エネルギッシュ、環境、抑揚、流れをイメージした緑色を基調としたものに変更された。
臨時列車・団体専用列車で運用されている。
E257系 5000番台の大きな写真大きな写真
(2135×2560 ピクセル, 1889 Kbyte)

特急「踊り子」 2000番台・2500番台

特急「踊り子」 E257系2000番台・2500番台
2021年12月28日 片瀬白田駅~伊豆稲取駅間 撮影:こぱふぅ
185系215系を置き換えることを目的に、2019年(平成31年)2月に0番台および500番台を改造して誕生した特急「踊り子」用車両である。
特急「踊り子」 E257系2000番台・2500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1651 ピクセル, 3013 Kbyte)
特急「踊り子」 E257系2000番台・2500番台
2021年12月28日 富戸駅付近 撮影:こぱふぅ
車体塗装は E261系に準ずる伊豆の空と海の色をイメージしたペニンシュラブルーを基調としたものに変更され、ヘッド・テールライトがHIDからLEDのものへと交換された。
特急「踊り子」 E257系2000番台・2500番台の大きな写真大きな写真
(2560×1696 ピクセル, 2646 Kbyte)

参考サイト

(この項おわり)
header