鹿児島中央駅・山形屋・ざぼんラーメン・白くま

2008年7月30日 撮影
鹿児島中央駅
鹿児島中央駅(鹿児島県鹿児島市中央町1-1)は、九州新幹線が開通する2004年(平成16年)3月までは西鹿児島駅と呼ばれていた。隣に鹿児島駅があるが、鹿児島中央駅が鹿児島市の実質的な中心の駅となっている。

JR九州の車両デザインを多く手がけている水戸岡鋭治が、映画「ローマの休日」で有名なスペイン広場をモチーフにデザインしたという。
2011年(平成23年)の九州新幹線全線開通に向け、構内の増築工事が進められている。

鹿児島中央駅は、1913年(大正2年)年10月11日、川内線の武駅として伊集院駅などと同時に開業した。2013年(平成25年)10月11日に開業100周年を迎えた。
1927年(昭和2年)に西鹿児島駅に改称。鹿児島市の変遷に伴い、鹿児島駅から陸の玄関口の役割を引き継いだ。
山形屋
山形屋(鹿児島県鹿児島市金生町3番1号)は、1751年(寛延4年)創業の老舗だ。
鹿児島本店はこの地で増改築を繰り返しており、1998年(平成10年)には1916年当時の外壁を再現し、現在の姿となった。
県外で暮らす鹿児島県出身者に桜島の様子を届けたいと、1999年(平成11年)10月29日から毎日、桜島の姿をホームページで配信している。(2018年10月現在、リンク先は消滅)
ざぼんラーメン
ざぼんラーメン(鹿児島県鹿児島市武1丁目2-1-2F)で鹿児島ラーメンを食べた。鹿児島ラーメンは豚骨ベースだが、意外にあっさりしている。
比較にならないかもしれないが、サッポロ一番が発売しているインスタントの「ざぼんラーメン」は451Kcalである。インスタント麺類の中では中程度のカロリー数である。
写真はチャーシュー麺なので、かなりヤバイ数字が出そうである。
白くま(かき氷)
鹿児島名物の白くま――鹿児島で「白くま」といえば「かき氷」である。かき氷に練乳をかけ、果物を入れるのが標準スタイル。
大きさが大きさなので、かなりヤバイ数字(カロリー数)が出そうである。

鹿児島中央駅への交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:鹿児島中央駅

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header