鹿児島市交通局はヒートアイランド緩和に一役

2008年7月31日 撮影
鹿児島市交通局車庫
鹿児島市交通局(鹿児島県鹿児島市高麗町43番地 11 号)は、鹿児島市の交通部門で、市電(路面電車)と路線バスを運営している。

1912 年(明治 45 年)に鹿児島電気軌道が運行を開始した路面電車を、1928 年(昭和 3 年)7 月に鹿児島市が買収したのが市電の始まりだ。当時は電気局が運営していた。
軌道敷緑化-鹿児島市交通局
2006 年(平成 18 年)から軌道敷に芝生を植える「軌道敷緑化整備事業」を展開している。軌道敷緑化によってヒートアイランド現象を緩和するとともに、街の景観を向上しようという試みだ。
鹿児島中央駅前付近で行われたサーモグラフィ調査では、車道アスファルト面が 43℃だったのに対し、軌道敷芝生面は 31.5℃と、11.5℃の温度差が確認されたという。

2012 年(平成 24 年)までに専用軌道区間を除く全軌道敷を緑化する予定で、約 3 万平方メートルの緑地ができることになる。

軌道緑化に使われているのは、ストーンワークス社のシラス緑化基盤。九州南部に分厚い地層を成すシラスは保水性が高いことに着目し、これをコンクリートブロック化し、芝生を植え付けている。

芝刈りは委託業者が手作業で行っていたが、2010 年(平成 22 年)5 月、廃車にする予定だった 512 号と 513 号の 2 台に芝刈り機と散水機能を追加し、「芝刈り電車」として活躍している。
芝刈りは芝の生育を見ながら、夏場に4回、秋以降に3回程度行う。作業は職員4人が担当。終電後から始発までの数時間の勝負だ。軌道の芝生化が終わった区間(総延長5キロ)を一通り刈るのに3日ほどかかる。

鹿児島市交通局の路面電車

交通アクセス

【鉄道】
  • 市電「交通局前」下車、徒歩すぐ
鹿児島市交通局 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header