九州鉄道記念館の本館は旧・九州鉄道本社

2016年3月21日 撮影
九州鉄道記念館
九州鉄道記念館(福岡県北九州市門司区清滝 2 丁目3)は、2003 年(平成 15 年)8 月 9 日、JR 九州が門司港駅に隣接してオープンした鉄道博物館だ。
九州鉄道記念館の大きな写真大きな写真
(2560×1761 ピクセル, 1827 Kbyte)
九州鉄道本社 - 九州鉄道記念館
1891 年(明治 24 年)、九州鉄道は門司港駅開業と同時に、博多に会った仮本社をこの地に移転した。通称「赤レンガ」は、門司港レトロの中で最も古い建造物である。1907 年(明治 40 年)に国有化され、所有者は鉄道院、鉄道省、国鉄、JR 九州と移っていった。
811系運転シミュレータ - 九州鉄道記念館
門司港~折尾間の実際の路線風景での運転を疑似体験できる運転シミュレータは、2002 年(平成 14 年)の衝突事故で大破した811 系電車を流用している。
ジオラマ - 九州鉄道記念館
九州の鉄道を模した HO ゲージの鉄道ジオラマのナレーションは、長崎県出身のアナウンサー、小島一慶 (こじま いっけい) さんだ。
ジオラマ - 九州鉄道記念館の大きな写真大きな写真
(1920×1280 ピクセル, 1187 Kbyte)
ヘッドマーク - 九州鉄道記念館
ショーを行っていない時は、実物のマスコンを活用した運転操作卓から HO ゲージを操作できる。また、2階の床面が一部ガラス張りになっており、パノラマ模型を真上から覗くことができる。

2階には、九州を走った列車のヘッドマークが展示されている。
ヘッドマーク - 九州鉄道記念館の大きな写真大きな写真
(1280×1920 ピクセル, 1163 Kbyte)
ED76形、EF30形 - 九州鉄道記念館
表に出ると、車両の先頭部分のみだが、九州で活躍した 3 つの車両が展示されている。

九州向けに開発された電気機関車ED76 形と、関門トンネル線用機関車として開発されたEF30 形である。
485系 - 九州鉄道記念館
こちらは、交直両用で電車区間ならどこでも走ることができる特急電車485 系である。JR 九州の時代は真っ赤に塗装されたものが多かった。

交通アクセス

行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:九州鉄道記念館

参考サイト

門司港駅 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header