壇ノ浦古戦場址と長州砲

2016年3月21日 撮影
壇ノ浦古戦場址
壇ノ浦古戦場址(山口県下関市みもすそ川町1番)は、1185 年(寿永 4 年)、源氏と平氏の最後の戦いが行われた地である。みもすそ川公園内にある。

関門海峡で最も狭い場所で、対岸までの距離は約 600 メートル。潮の干満により 1 日 4 回潮流の向きが変わる難所で、壇ノ浦の戦いで潮流を読んだ源義経に軍配が上がったとする説もある。
壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(1707×2560 ピクセル, 1727 Kbyte)
源義経 - 壇ノ浦古戦場址
源氏の水軍大将は源義経 (みなもとのよしつね) だ。八艘飛び (はっそうとび) の構図は格好いい。

1180 年(治承 4 年)8 月、伊豆に流されていた源頼朝 (みなもとのよりとも) が挙兵した。この知らせを聞いた義経は、10 月、頼朝軍に合流した。
1184 年(寿永 3 年)2 月、義経は一ノ谷の戦いで平氏軍を敗走させる。ところが頼朝は、義経が報告なく官位を受けた振る舞いを糾弾し、義経を源氏軍から外した。
源義経 - 壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(1508×1920 ピクセル, 1140 Kbyte)
源義経 - 壇ノ浦古戦場址
一方、敗走した平氏軍は、瀬戸内海の交通の要衝である四国の屋島と彦島に布陣し、地元の水軍と力を合わせて守りを固めた。水軍をほとんど持たない源氏軍は苦戦を強いられていた。
1185 年(寿永 4 年)、ようやく義経に出陣の命令が下った。義経はわずか 5艘の手勢を率いて瀬戸内海へ向かい、平氏側の水軍を寝返らせるなどして味方を増やした。
平知盛 - 壇ノ浦古戦場址
平氏の水軍大将は平知盛 (たいらのむねもり) だ。

安徳天皇らが入水し平氏滅亡の様を見届けた知盛は、碇を担いで入水したと伝えられている。
このテーマは、能の「碇潜 (いかりかづき) 」として今日に伝わっている。
関門橋 - 壇ノ浦古戦場址
関門橋は、関門海峡をまたぐ道路橋で、1973 年(昭和 48 年)に開通した。橋長1068 メートル、最大支間長712 メートルは、当時、東洋最長の橋だった。
2011 年度からの 5 年計画による大規模補修を行っている。
関門橋 - 壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1651 Kbyte)
関門海峡 - 壇ノ浦古戦場址
関門海峡は、工業地帯の集中する瀬戸内海と、中国や韓国などとの往来の重要航路となっている。航路が複雑なことなどから、日本国内に 7箇所設置されている海上交通センター「関門マーチス」が置かれ、船舶は水先案内人(パイロット)の同乗が義務づけられている。
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址
時代は下り、幕末の攘夷運動の中心となっていた長州藩は、下関海峡に砲台を整備し、海上封鎖の態勢をとった。写真は、この時に設置された青銅砲のレプリカである。
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1516 Kbyte)
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址
1863 年(文久 3 年)5 月 23 日、横浜から長崎へ向かうフランスの通報艦キャンシャン号に砲撃を加えた。水兵 4 人が死亡したが、キャンシャン号は損傷しつつも長崎に到着した。
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1919 Kbyte)
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址
この後も外国艦船に対する砲撃は続き、6 月に入ると、アメリカ艦とフランス艦による報復攻撃が行われ、長州藩は敗北する。
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1432 Kbyte)
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址
この後も長州藩は攘夷の姿勢を崩さず、下関海峡は通航不能となっていた。
そこで、イギリス、フランス、オランダ、アメリカの 4 カ国連合艦隊は 17隻、5 千人の兵力を投入し、1864 年(文久 4 年)8 月、長州砲台への攻撃を開始する。火力差は圧倒的で、8 日までに砲台はことごとく破壊された。残った長州砲は戦利品として海外に運び去られた。

1984 年(昭和 59 年)6 月、山口県出身の外務大臣・安倍晋太郎氏の努力とフランス政府の好意により、貸与という形で青銅砲が里帰りした。下関東ロータリークラブは、フランス政府の了解を得て、このレプリカを作り、公園に展示している。
長州砲 - 壇ノ浦古戦場址
有料コインシステムに 100 円を入れると、20秒後に長州砲の模型から発射音と煙が出る。5秒間隔で 3 回、発射する。

交通アクセス

【バス】
行き方ナビ
出発地の最寄駅:

目的地:壇ノ浦古戦場址
壇ノ浦 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header