大塚美術館は触れることができる名画千点余りを展示

2017年10月14日 撮影
大塚美術館
大塚国際美術館(徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池 65-1)は、大塚製薬グループの創業 75 周年事業として 1998 年(平成 10 年)に開設された。
大塚美術館
美術の教科書に必ず載っている名画1000 点余りを陶板で原寸大に再現し展示する珍しい美術館である。延べ床面積は国立新美術館に次ぐ国内第2 位の広さで、とても 1 日では回りきれない。

10 年前に訪れた大鳴門橋架橋記念館「エディ」の麓にあり、建物は目立たぬように岩場をくりぬいた形になっている。入口は地下 5階にあたり、40 メートルという長いエスカレーターで上ると、地下 3階のシスティーナ礼拝堂に到着する。
システィーナ礼拝堂 - 大塚美術館
システィーナ礼拝堂
入口からエスカレーターで上ると、バチカンにあるシスティーナ礼拝堂が完全再現されている。奥行き 40 メートル、幅 13 メートル、高さ 20 メートルの礼拝堂は、ともかく大きい。
システィーナ礼拝堂 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 1255 Kbyte)
システィーナ礼拝堂 - 大塚美術館
ミケランジェロ「最後の審判」
正面にあるのは、ミケランジェロが 1533 年(天文 2 年)から 8 年かけて描いた「最後の審判」で、幅 12 メートル、高さ 13.7 メートルという巨大フレスコ画である。
システィーナ礼拝堂 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1944 ピクセル, 1343 Kbyte)
システィーナ礼拝堂 - 大塚美術館
ミケランジェロ「創世記」
これより前、ローマ教皇ユリウス 2 世はミケランジェロに命じてシスティーナ礼拝堂の天井画を描かせている。創世記をテーマにした作品群で、1512 年(永正 9 年)に完成した。これも再現されている。
その後、教皇クレメンス 7 世が祭壇画の制作を命じるが、ようやくパウルス 3 世の治世に完成した。この間、ローマ略奪があり、ルネサンス芸術は崩壊した。
大塚オーミ陶業 - 大塚美術館
展示されている陶板名画は、大塚オーミ陶業株式会社が開発した特殊技術により陶板化されており、2000 年(平成 12 年)たっても色褪せないという。
美術教育に資するべく、大塚国際美術館は写真撮影が可能で、陶板名画に直接手を触れることもできる。
ダ・ヴィンチ モナ・リザ - 大塚美術館
ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」
モナ・リザは、レオナルド・ダ・ヴィンチが 1503 年(文亀 3 年)から 1519 年頃にかけて描いたとされる油彩画である。オリジナルはフランスの国有財産で、パリのルーヴル美術館が常設展示している。サイズは 77cm×53cm と、意外に大きい。
空気遠近法を取り入れ、輪郭を描かずに顔や手を表現している。
正面から見ても斜めから見ても、女性の視線がまっすぐに鑑賞者に向けられているように感じる。

謎の微笑みからは、さまざまなパロディが生まれたほか、宇宙人が描かれているというトンデモ話まで、ネタに事欠かない世界一の名画である。
ダ・ヴィンチ モナ・リザ - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(1690×2560 ピクセル, 1006 Kbyte)
ダ・ヴィンチ 最後の晩餐 - 大塚美術館
ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」
最後の晩餐は、レオナルド・ダ・ヴィンチが 1495 年(明応 4 年)から 1497 年にかけて、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂の壁画として描いた作品である。
ダ・ヴィンチ 最後の晩餐 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1357 ピクセル, 865 Kbyte)
4.2×9.1 メートルという巨大な作品が実寸大で再現されている。フレスコ画では使用できる色数に制限があることから、テンペラ画の技法で描かれている。だが、テンペラ画は経年劣化に弱い。
制作から 500 年以上、教会の増改築があったり、ナポレオン時代には馬小屋になったり、第二次大戦に入ると空襲を受けるなどしたものの、壁画は残り続けた。現在では存在自体が奇跡だと言われている。
1977 年(昭和 52 年)から 1999 年にかけて大規模な修復作業が行われた。部屋の反対側には、修復前の最後の晩餐の陶板が展示されている。
ゴッホ ひまわり - 大塚美術館
ゴッホ「ひまわり」
ゴッホの「ひまわり」は全部で 7 点ある。
1888 年(明治 21 年)、ゴッホは療養のためパリから南フランスのアルルに移り、ゴーギャンの到着を待ちわびながらひまわりを描いたという。
こちらは 4番目のひまわり。オリジナルはロンドンのナショナル・ギャラリーにある。サイズは 92.1cm×73cm。
ゴッホ ひまわり - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(1440×1920 ピクセル, 816 Kbyte)
ゴッホ 幻のひまわり - 大塚美術館
ゴッホ「幻のひまわり」
こちらは 2番目のひまわり。他のひまわりとは異なり、ロイヤルブルーの背景の中から、ひまわりが浮き上がっているように見える。サイズは 98cm×69cm。
1920 年(大正 9 年)、白樺派美術館の設立を進めていた武者小路実篤の依頼で、実業家の山本顧彌太が 7 万フラン(現在の価値に換算すると 2 億円)を出資してスイスから購入した。
だが、美術館設立は頓挫し、兵庫県芦屋市にある山本の自宅に飾られていた。1945 年(昭和 20 年)8 月の空襲で焼失したことから「幻のひまわり」と呼ばれる。
ゴッホ 幻のひまわり - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(1401×1920 ピクセル, 1126 Kbyte)
ゴッホ 自画像 - 大塚美術館
ゴッホ「自画像」
東京・調布にある武者小路実篤記念館が所蔵している「セザンヌゴオホ画集」に、在りし日の幻のひまわりがカラー写真で収録されており、これをもとに 2014 年(平成 26 年)に陶坂化された。
ムンク 叫び - 大塚美術館
ムンク「叫び」
ムンクの叫びは、1893 年(明治 26 年)の油彩で、サイズは 91cm×73.5cm と意外に大きい。オリジナルはオスロ国立美術館に展示されている。
赤と黒の強烈な色使いは、モナ・リザとは別の意味で、誰もが知っている作品となっている。
じつは中央の人物が叫んでいるわけではなく、ムンクが実際に感じた幻覚を映像化した作品である。ムンクはこのときの体験を、日記に次のように記している。
ムンク 叫び - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2105×2560 ピクセル, 1388 Kbyte)
私は2人の友人と歩道を歩いていた。太陽は沈みかけていた。突然、空が血の赤色に変わった。私は立ち止まり、酷い疲れを感じて柵に寄り掛かった。それは炎の舌と血とが青黒いフィヨルドと町並みに被さるようであった。友人は歩き続けたが、私はそこに立ち尽くしたまま不安に震え、戦っていた。そして私は、自然を貫く果てしない叫びを聴いた。
ムンク 生命のダンス - 大塚美術館
ムンク「生命のダンス」
生命のダンスは、1899 年(明治 32 年)から 1900 年にかけ制作され、現在はオスロー国立美術館に収蔵されている。
中央の赤いドレスの女性の目は、一緒に踊る男性を見つめ、左側の白いドレスの女性は若く喜びの表情を浮かべ、右側の黒いドレスの女性は年老いて疲れているように見える。何やら意味深な 1 枚である。
ムンク 生命のダンス - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1667 ピクセル, 1176 Kbyte)
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠 - 大塚美術館
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠は、ナポレオン 1 世の首席画家ルイ・ダヴィッドが描いた油彩画で、1807 年(文化 4 年)に完成した。1804 年(享和 4 年)にノートルダム大聖堂で催された戴冠式の様子を描き出している。
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1707 ピクセル, 2583 Kbyte)
幅 10 メートル×高さ 6 メートルの大作で、190 名を越える人物はほぼ等身大で描かれている。オリジナルはパリのルーブル美術館にある。
作品公開の翌年、アメリカの事業家から同サイズの複製の注文を受け、記憶を頼りに 1822 年(文政 5 年)に完成させた。すでにナポレオンは失脚しており、ダヴィッド自身も間もなく他界する。
2 作目は現在、ヴェルサイユ宮殿に展示されている。
Loading
ゴヤ「裸のマハ」
裸のマハは、ゴヤが1797年から1780年にかけ製作し、現在はプラド美術館に周到されている。サイズは97cm×縦190cmの油彩画。西洋美術として初めて実在の女性の陰毛を描いたことから、当時のスペインでは大問題になり、ゴヤは何度も裁判所に呼び出された。作品はプラド美術館の地下に隠され、1901年に初めて公開された。
ゴヤ 裸のマハ - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1285 ピクセル, 591 Kbyte)
ゴヤ 着衣のマハ - 大塚美術館
ゴヤ「着衣のマハ」
着衣のマハは、裸のマハの直後、1800 年(寛政 12 年)から 1805 年にかけ制作されたもので、サイズは同じ 97cm×縦190cm の油彩画。現在は、プラド美術館で裸のマハと並んで展示されている。
ゴヤ 着衣のマハ - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1250 ピクセル, 650 Kbyte)
ゴヤに製作を依頼したマニュエル・デ・ゴドイ首相は女好きで有名だったが、自宅で「裸のマハ」を隠すように「着衣のマハ」を掲げ、滑車装置を使って「裸のマハ」が現れるような仕組みを用意していたという。
ブリューゲル バベルの塔 - 大塚美術館
ブリューゲル「バベルの塔」
オランダの画家ブリューゲルが描いたバベルの塔は 2 枚あり、こちらは 1563 年(永禄6 年)の「大バベル」。サイズは 114cm×155cm。ウィーンの美術史美術館が収蔵している。1565 年(永禄8 年)には、60cm×75cm と小さな「小バベル」が描かれた。
ブリューゲル バベルの塔 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1879 ピクセル, 1432 Kbyte)
それまでのバベルの塔を描いた絵画に比べると迫力のある構図で、塔は円柱状に変化している。足場を組んで煉瓦を積んでいく様子など、執拗なまでに細かく描き込まれている。
アルトドルファー アレクサンダー大王の戦い - 大塚美術館
アルトドルファー「アレクサンダー大王の戦い」
アレクサンダー大王の戦いは、1529 年(享禄2 年)、ドイツのアルブレヒト・アルトドルファーによって描かれた油絵で、サイズは 158cm×120cm。イッソスの戦いがモチーフとなっており、ドイツの国立美術館アルテ・ピナコテークに収蔵されている。
アルトドルファー アレクサンダー大王の戦い - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(1955×2560 ピクセル, 1767 Kbyte)
この絵画の特徴は、中空に浮かぶタブレットだ。ラテン語で

アレクサンダー大王は最後のダレイオスを打ち破り、10 万の歩兵と 1 万を超える騎兵を殺害した。一方ダレイオスは 1000 に満たない騎兵と共に逃亡し、彼の母と妻と子供が捕虜になった。


と書かれている。
荒れ模様の空には夕陽と三日月が描かれており、不気味な雨雲が渦巻いている。そして、数千の騎兵と槍を構えた歩兵が、じつに緻密に描き込まれている。
フェルメール 真珠の耳飾りの少女 - 大塚美術館
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」
真珠の耳飾りの少女は、オランダのフェルメールが 1665 年(寛文 5 年)頃に描いた油絵で、サイズは 44.5cm×39cm で、マウリッツハイス美術館に収蔵されている。フェルメールの代表作であり、神秘的な微笑みを浮かべていることから、「北のモナ・リザ」「オランダのモナ・リザ」とも呼ばれる。
フェルメール 真珠の耳飾りの少女 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(1920×2175 ピクセル, 1136 Kbyte)
真珠の耳飾りに輪郭線はなく、光の反射だけで大粒の真珠を立体感豊かに描き出している。
フェルメールの作品は色数が少ないのが特徴だが、この絵の青いターバンは、ラピスラズリという貴石から作られた高価な絵の具を使っている。
ラス・メニーナス 女官たち - 大塚美術館
ラス・メニーナス「女官たち」
女官たち(ラス・メニーナス)は、スペインのベラスケスが 1656 年(明暦 2 年)に描いた油絵で、サイズは 318cm×276cm と大きく、プラド美術館に収蔵されている。
ラス・メニーナス 女官たち - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×2102 ピクセル, 1239 Kbyte)
中央に、5 歳のマルガリータ王女が描かれている。フェリペ 4 世とマリアナの間に生まれた中では唯一の生き残りで、のちに神聖ローマ皇帝レオポルト 1 世と結婚する。だが、この絵の本当の主役は誰なのか、絵の中の画家が描いているのは何なのか、奥の鏡に映っている二人の男女は誰なのか、等々、謎が尽きない絵としても有名である。
ドラクロワ 民衆を導く自由の女神 - 大塚美術館
ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」
民衆を導く自由の女神は、フランスのドラクロワが 1830 年(文政 13 年)に描いた油絵で、同年に起きたフランス 7 月革命をモチーフにしている。サイズは 259cm×325cm で、ルーヴル美術館に収蔵されている。
ドラクロワ 民衆を導く自由の女神 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×2058 ピクセル, 1566 Kbyte)
1831 年(天保元年)5 月のサロン展に出品されフランス政府が買い上げたが、扇動的な内容であることから、1848 年(弘化 4 年)の革命までは常設展示は行われなかったという。それほど様々な寓意が込められている絵画で、パロディの題材としても事欠かない。
ドラクロワ サルダナパールの死 - 大塚美術館
ドラクロワ「サルダナパールの死」
サルダナパールの死は、フランスのドラクロワが 1827 年(文政 10 年)に描いた油絵で、アッシリア王サルダナパールの最期を描いた歴史画である。サイズは 392cm×496cm で、ルーヴル美術館に収蔵されている。
ドラクロワ サルダナパールの死 - 大塚美術館の大きな写真大きな写真
(2560×1940 ピクセル, 1466 Kbyte)
サルダナパールはアッシリアの 30 人の王の最後の人物で、放蕩の限りを尽くした暴君であったが、その最期にあたっては寵姫、侍者、財宝もろとも、自ら宮殿に火を放って死んだと伝えられる。この作品では、無表情なサルダナパールが、自らの財産が破壊されるのを眺めている。

交通アクセス

【バス】
  • 徳島行き高速バス「高速鳴門」→路線バス「大塚国際美術館前」バス停
【自動車】
  • 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北 I.C.」から鳴門海峡方面(左折)約 3 分
大塚美術館 関連

近隣の情報

参考サイト

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header