メタボリックシンドローム 2015年版

2015年5月9日 更新

たんぱく質「ニューデシン」が肥満に関係?

肥満
脂肪分の多い食事を続けても、たんぱく質「ニューデシン」を体内で生産できなくすると太らないことを、京都大などのグループがマウスを使った実験で明らかにしました。人間に応用できれば、肥満対策につながる可能性があるといいます。
ニューデシンを無くすと、脂肪組織で脂肪の分解と燃焼が明らかに多く、体温が 0.5 度前後高くなりました。運動量や食べる量は正常なマウスと変わらず、やせること以外で目立った変化はなかったそうです。
京都新聞,2015 年 5 月 8 日
(この項おわり)
header