西暦1478年 - パッツィ家の陰謀

危機を逃れメディチ家最盛期へ
ロレンツォ・デ・メディチ
1478 年(文明 10 年)4 月 26 日、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂でのミサの席上、ピサ大司教のサルヴィアーティとパッツィ銀行ローマ支店長のフランチェスコ・デ・パッツィらは、ロレンツォ・デ・メディチとジュリアーノのメディチ家兄弟を襲撃した。弟ジュリアーノは殺されたが、ロレンツォは難を逃れ、首謀者を逮捕、処刑した。

ロレンツォのパッツィ家関係者への報復は容赦の無いもので、パッツィ家当主をはじめ 100 人近くが捕らえられて、処刑された。
この処分は、パッツィ家と結んでいた時のローマ教皇シクストゥス 4 世を激怒させ、パッツィ戦争が起こった。この危機を乗り切ると、ロレンツォの支配体制は確固としたものになり、フィレンツェ社会も総じて安定した。
以後、ロレンツォは各勢力が乱立するイタリアのバランサーとして、大いにその外交手腕を発揮した。

ロレンツォの時代はフィレンツェ・ルネサンスの最盛期であり、ボッティチェリ、リッピなどの芸術家やフィチーノ、ミランドラら人文主義者を多数保護し、芸術・学芸のパトロンとして後世に名を残した。

ルネサンスは古典回帰、人間性解放を柱とする芸術、学問の革新運動である。15 世紀のイタリアで盛んになり、16 世紀にかけてヨーロッパ中に広がった。多くの都市国家と教皇領が分立していたイタリアでは、メディチ家のような富豪がパトロンとなって、芸術家を支援していた。

しかし、メディチ銀行経営の内実は巨額の赤字を出しており、破綻寸前の状態であった。また、共和国の公金にも手を付けていたといわれる。

この時代の世界

1375 1425 1475 1525 1575 1625 1478 パッツィ家の陰謀 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1444 1510 ボッティチェリ 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1397 1455 ニコラウス5世 1439 1503 ピウス3世 1455 1495 ジョアン2世 1455 1485 バラ戦争 1485 ボズワースの戦い 1421 1471 ヘンリー6世 1423 1483 ルイ11世 1442 1483 エドワード4世 1452 1485 リチャード3世 1470 1483 エドワード5世 1457 1509 ヘンリー7世 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1443 1513 ユリウス2世 1451 1506 コロンブス 1454 1512 アメリゴ・ヴェスプッチ 1488 喜望峰の発見 1492 グラナダ陥落 1492 大西洋航路の発見 1494 トルデシリャス条約 1431 1503 アレクサンデル6世 1451 1504 イサベル1世 1479 スペイン王国の成立 1452 1516 フェルナンド2世 1452 1519 レオナルド・ダ・ヴィンチ 1497 「最後の晩餐」の完成 1475 1507 チェーザレ・ボルジア 1469 1521 マヌエル1世 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1475 1521 レオ10世 1469 1527 マキャベリ 1466 1536 エラスムス 1473 1543 コペルニクス 1471 1528 デューラー 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1467 1477 応仁の乱 1415 1499 蓮如 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1432 1519 北条早雲 1488 加賀の一向一揆 1439 1491 足利義視 1493 明応の政変 1466 1523 足利義稙 1472 1528 王守仁 1453 東ローマ帝国滅亡 1483 1530 バーブル 1464 1520 セリム1世 1517 マムルーク朝の滅亡 1432 1481 メフメト2世 1480 モスクワ大公国の独立 1440 1505 イヴァン3世 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ Tooltip
(この項おわり)
header