『試験に出る哲学』――哲学は歴史の影響を受けている

斎藤哲也=著
表紙 試験に出る哲学
著者 斎藤哲也
出版社 NHK出版
サイズ 新書
発売日 2018年09月
価格 946円(税込)
rakuten
ISBN 9784140885635
どこまでも自己肯定を貫く生き方のモデルこそ、ニーチェのいう「超人」にほかなりません。(204 ページ)

概要

タレス・ターレスの似顔絵
タレス・ターレス
著者は、東京大学哲学科を卒業し、Z 会で国語や小論文の編集を担当した経験のある斎藤哲也さん。
本書の対象は大学生や社会人だが、タイトルにあるように、大学入試センター試験の倫理の問題と、そこで取り上げられる哲学者を軸に構成されたユニークな哲学入門書だ。

レビュー

ソクラテスの死(ジャック=ルイ・ダヴィッド)
ソクラテスの死(ジャック=ルイ・ダヴィッド)
まず、森羅万象を神話 (ミュトス) ではなくロゴスで合理的に説明しようとした古代ギリシアのタレスから始まる。ペルシア戦争で活躍した都市国家アテナイでは、民主主義の下、弁論テクニックを教えるソフィストが重用された。これに、ソクラテスが「無知の知」で挑む。
プラトン
プラトン
この部分には、現代のポピュリズム問題を重ね合わせて読んだ。そして、プラトンアリストテレスへと続く。
アレクサンダー大王に始まる世界帝国の時代、キュニコス派、ストア派、エピクロス派、懐疑主義といった新しい哲学の流れが生まれる。
アウグスティヌス
アウグスティヌス
キリスト教がローマ帝国の国教として認められ、新プラトン主義を知ったアウグスティヌスは神への信仰とをいた。その後、西ローマ帝国は滅亡し、プラトンのアカデミアやアリストテレスのリュケイオンは異端として、キリスト教圏から追放されイスラム圏へと伝わる。
十字軍の時代、アリストテレス哲学が逆輸入され、トマス・アクィナスは自由意志である理性をもって自然を探求することは、神の神秘と対話することに他ならないと考えた。
デカルト
デカルト
ルネサンス時代に入ると、大陸ではベーコンデカルトスピノザライプニッツが原理を重視する一方、イギリスではジョン・ロックバークリーヒュームらが経験論を展開した。大陸では、カトリックとプロテスタントが争い宗教改革や三十年戦争が起きたことが背景にある。400 年前、イギリスのヒュームは、相関関係と因果関係の差異を明らかにした。
イマヌエル・カント
イマヌエル・カント
イマヌエル・カントは、いくら外見上は道徳的な行為に見えても、そこに善をなそうという意志が伴わなければ、道徳的な行為とは見なせないとした。
ヘーゲルは弁証法を提案し、あらゆる事物は否定を原動力として発展していくと言った。そこにはアウフヘーベンが働き、理想的な市民社会を目指す。
マルクスニーチェはヘーゲルの影響を受けた。マルクスは資本主義を否定し『資本論』を著し、ニーチェはそれまでの西洋哲学すべてを否定し、道徳はルサンチマンから生まれたと説いた。
セーレン・キェルケゴール
セーレン・キェルケゴール
キルケゴールを先駆とする実存主義は、20 世紀に入り、サルトルによって世界を席巻する。サルトルは、「つねに現在の自分を否定して、未来に向かって新しい自分をつくりあげていくことができるのが人間」(235 ページ)とした。

古代ギリシアから現代までの哲学を超特急で縦覧したわけだが、哲学は歴史から影響を受けている。ということは、現代史の中を生きている我々もまた、哲学と無縁でいられるわけではない。
(2018 年 10 月 8 日 読了)

参考サイト

(この項おわり)
header