西暦1637年 - チューリップ・バブル/「方法序説」刊行

世界初のバブル経済事件/我思う、ゆえに我あり

チューリップ・バブルが弾ける

センペル・アウグストゥス - チューリップの一種
1637 年、オランダで世界最初のバブル経済事件が起きた。

オスマン・トルコから輸入されたチューリップは、オランダの気候で栽培するのに適しており、その美しい花はヨーロッパの王族や貴族に愛されていた。そこで、オランダの園芸家は徐々にその栽培に力を入れていった。

チューリップは高い値段で取引されたとはいえ、1633 年までは、園芸家と収集家の間の正常な経済取引が続いていた。
ところが、高値で取引されていることに目を付けた一般大衆が参加してからバブルが膨らみ始める。やがて、珍しいチューリップの価値は金より高くなり、海外からの投資も始まった。人々は自分の畑のチューリップが盗まれないように徹夜で監視するという異常な状況に陥った。
1637 年 2 月、ある男が球根を買い、いつものように転売しようとした。ところが取引ができなかった。これがパニックの始まりである。球根の売買には多額な信用売買が行われていたため、この小さな出来事が他の業者に疑念を抱かせ、やがては恐怖心となって伝搬していった。
もはや買い手はいなくなり、人々はパニック状態となり売りが売りを呼ぶことになる。オランダ政府が救済に乗り出すが、暴落は誰にも止めることはできなかった。球根の価格は 100 分の 1 になったともいわれ、国中に破産者が続出したのである。

ビットコインとチューリップ・バブル

チューリップ・バブルはヨーロッパ人の記憶に深く刻まれているようである。
2017 年 9 月 22 日、欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は、仮想通貨ビットコインについて、「ビットコインはチューリップのようなものだ。投機の道具で、明らかに通貨ではなく、中銀の政策にとって脅威になるとは見ていない」と述べた。
2017 年初から、ビットコインの価値はドル換算で 3 倍近くに上昇しており、世界中の中央銀行が頭を悩ませている。

「方法叙説」の刊行

ルネ・デカルト
同じ年、フランスの哲学者ルネ・デカルトの「方法序説」が刊行される。

デカルトは、機械論的自然学を体系化し、スコラ哲学にかわる新しい形而上学を模索していた。
1637 年に刊行された「方法序説」は、デカルトの新たな哲学体系を示すために、「屈折光学」「気象学」「幾何学」の 3論の総序として書かれたものである。
当時の本はラテン語で記されていたのに対し、多くの人に読んでもらうためにフランス語で記された自伝の形をとっており、6部からなる。
その第4部では哲学的思索を深めたデカルトの姿が描かれ、「我思う、ゆえに我あり」という有名な一節が記されている。
デカルトは、真理を探究するために 4 つの思考規則を定めた
  1. 明証の規則‥‥明証的に真であると認めたもの以外、決して受け入れないこと。
  2. 分析の規則‥‥難しい問題はできるだけ小さい部分に分けること。
  3. 総合の規則‥‥もっとも単純なものから始めて複雑なものに達すること。
  4. 枚挙の規則‥‥見落としがないように、一つひとつ数えあげること
「我思う、ゆえに我あり」という確実な真理を最初において、4 つの思考規則によって推論を展開する方法を演繹法と呼ぶ。フランシス・ベーコンの帰納法とは対照的である。

1641 年の『省察』では、数学は客観性が保証されており、その延長としての物体の存在が演繹的に確かめられるとした。つまり、世界医は精神(心)と物体という 2 つの実体がある「物心二元論」が誕生する。また、身体も含めた自然の事物を、数学的に把握できる機械の部品のように捉える見方のことを「機械論的自然観」と呼ぶ、

1644 年に刊行した『哲学原理』には、慣性の法則をうかがわせる記述がある。デカルトは、われわれは運動が自発的に止まるものだと勘違いしており、摩擦や空気抵抗、重力といった作用を除けば、運動を持続し続ける、つまり慣性が備わっていると述べたのである。
デカルトの功績は、それまで地上の現象として認識されていた物理学を、宇宙空間という視点へ広げたことにある。
ニュートンの『プリンキピア』が刊行される 23 年前のことである。

この時代の世界

1525 1575 1625 1675 1725 1637 チューリップ・バブルが弾ける 1637 「方法叙説」の刊行 1596 1650 デカルト 1632 『ウラノメトリア』出版 1632 「天文対話」出版 1564 1642 ガリレオ・ガリレイ 1657 「月世界旅行記」の出版 1619 1655 シラノ・ド・ベルジュラック 1607 1665 フェルマー 1623 1662 パスカル 1654 確率論の誕生 1607 1684 シュバリエ・ド・メレ 1655 土星の環を発見 1666 万有引力の法則 1651 「リヴァイアサン」の出版 1588 1679 トマス・ホッブズ 1643 真空の発見 1608 1647 トリチェリ 1654 マクデブルクの半球 1602 1686 オットー・フォン・ゲーリケ 1583 1645 フーゴー・グローティウス 1618 1648 三十年戦争 1648 ウェストファリア条約 1649 ピューリタン革命 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1601 1643 ルイ13世 1585 1642 リシュリュー 1602 1661 マザラン 1605 1665 フェリペ4世 1600 1649 チャールズ1世 1599 1658 クロムウェル 1648 1653 フロンドの乱 1632 1677 スピノザ 1620 ピリグリム・ファーザーズ 1636 ハーバード大学の創立 1637 島原の乱 1621 1638 天草四郎時貞 1636 日光東照宮が完成 1604 1651 徳川家光 1596 1680 後水尾天皇 1641 鎖国の完成 1583 1657 林羅山 1614 大阪冬の陣 1615 武家諸法度、禁中並公家諸法度 1615 大阪夏の陣 1579 1632 徳川秀忠 1573 1626 お江与の方 1571 1622 支倉常長 1613 慶長遣欧使節団がスペインへ出発 1569 1629 原マルティノ 1568 1633 中浦ジュリアン 1569 1633 千々石ミゲル 1587 バテレン追放令 1590 秀吉による天下統一 1592 文禄の役 1597 慶長の役 1600 関ヶ原の戦い 1593 1615 豊臣秀頼 1567 1636 伊達政宗 1654 玉川上水が完成 1657 明暦の大火 1603 江戸時代の始まり 1609 サンフランシスコ号が漂着 1590 1630 山田長政 1584 1645 宮本武蔵 1626 崇源院(江)、死去 1623 1696 明正天皇 1648 清の建国 1606 1645 李自成 1610 1644 崇禎帝 1617 1682 ダライ・ラマ5世 1626 1643 ホンタイジ 1645 ポタラ宮殿の建設 1600 イギリス東インド会社設立 1602 オランダ東インド会社設立 1638 1661 順治帝 1592 1666 シャー・ジャハーン 1632 タージ・マハル着工 1571 1629 アッバース1世 1598 シビル・ハン国の滅亡 1668 スウェーデン国立銀行の開業 Tooltip
(この項おわり)
header