阿蘇駅は洋風造り

2008年7月29日 撮影
阿蘇駅
阿蘇駅 2016年
2016年3月19日 こぱふぅ
阿蘇駅(熊本県阿蘇市黒川山下)は、JR九州・豊肥本線の駅である。
1918年(大正7年)に開業した当初の駅名は坊中駅で、1961年(昭和36年)に阿蘇駅に改称した。

2016年(平成28年)3月19日訪問時には、リニューアルして、、外装・内装共に黒を基調とした塗装となり、重厚感が増した。
丸型ポスト-阿蘇駅
駅舎は木と石をベースにした洋風造りだが、1988年(昭和63年)のSLあそBOY(2005年8月引退)の運行開始に合わせて改装されたものである。
改札の外には丸型ポストがあり、昭和レトロな雰囲気が漂う。
阿蘇駅
駅周辺は牧草地帯で、あちらこちらで牛が放牧されている。
これがアメリカ西部の雰囲気のようだということで、あそBOYや西部劇風の駅舎に繋がったようだ。

あそBOY を牽引した蒸気機関車8620型(1922年製造)は、大規模な改修を行っており、2009年(平成21年)4月25日に「SL人吉号」として復活する予定だ。定員132人。全席指定で片道2570円。車内では特製の弁当も販売するという。
阿蘇駅
ホームには謎の動物の像が――見たときにはコアラだと思ったのだが、阿蘇カドリー・ドミニオン(熊牧場)のクマとのこと。

関西以西では絶好の避暑地

阿蘇は、関西以西では抜群を涼しさを誇る。

7月の最高気温は、福岡より7.9℃、大阪より8.6℃、名古屋より7.7℃、東京より6.4℃、それぞれ涼しくなっている。

アクセス

【鉄道】

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header