南阿蘇水の生まれる里白水高原駅でサクラ咲く

2016年3月19日 撮影
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅(熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字中松)を再訪した。前回訪問は 2008 年(平成 20 年)7 月
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅の大きな写真大きな写真
(2560×1865 ピクセル, 1955 Kbyte)
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
1992 年(平成 4 年)4 月 1 日、南阿蘇鉄道高森線に日本一長い駅名の駅として誕生し、2001 年(平成 13 年)からルイス・ C.ティファニー庭園美術館前駅(一畑電車北松江線)にその座を譲っていたが、2007 年(平成 19 年)5 月に最長の座に返り咲いた。

駅舎は十二角形のログハウス風で、無人駅である。
この日はサクラが 3 分咲きといったところ。
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅の大きな写真大きな写真
(1768×2560 ピクセル, 1980 Kbyte)
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
単式ホーム 1面1線のみ。

春から秋にかけてトロッコ列車が運行される。
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」の読み仮名は 22 文字であり、同じく読み仮名 22 文字で日本一とされている茨城県の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅 (ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまええき) 」と並び、日本で一番長い駅名となっている。
南阿蘇水の生まれる里白水高原駅
あまりにも駅名が長いので、駅の案内や切符では「白水高原駅」と略記される。

交通アクセス

【鉄道】
  • 熊本駅から JR特急で約 50 分、立野駅で南阿蘇鉄道に乗り換え 15 分

参考サイト

南阿蘇鉄道 関連

近隣の情報

この付近でネットができる宿

(この項おわり)
header