西暦531年 - ホスロー1世が即位

ササン朝ペルシアの最盛期
ホスロー1世
ササン朝は、アケメネス朝と同じくイラン高原のパールス地方から勃興した勢力で、226 年にアルダシール 1 世が建国したとされている。
アルダシール 1 世がゾロアスター教の神官階層であったことから、ゾロアスター教を国教とし、アケメネス朝ペルシャの復興を目標とした。
531 年にホスロー 1 世が即位した当時は、相次ぐ対外戦争などで疲弊していたため、ホスロー 1 世は交通路や都市を整備し、交易による国家再建に乗り出した。
対外的には、東ローマ帝国のユスティニアヌス 1 世と戦い、自国有利の和平条約を締結した。突厥 (とっけつ) と結んでエフタルやエチオピアとも戦い版図を広げるとともに、東西の異文化と伝統文化を融合させた独特の文化を生みだした。
国内では新興宗教のマズダク教を徹底的に弾圧して根絶させたが、キリスト教徒などに対しては寛容な態度で臨み、国内の安定に努めた。

ホスロー 1 世の死後、ササン朝は衰退に向かうが、その遺産はつづくイスラーム帝国に受け継がれる。
425 475 525 575 625 531 ホスロー1世が即位 530 579 ホスロー1世 451 カタラウヌムの戦い 622 ヒジュラ(聖遷) 434 493 オドアケル 486 フランク王国の建国 466 511 クロヴィス1世 500 548 テオドラ 482 565 ユスティニアヌス1世 507 継体天皇が即位 450 531 継体天皇 538 仏教伝来 509 571 欽明天皇 540 570 蘇我稲目 538 585 敏達天皇 540 587 物部守屋 547 587 用明天皇 550 592 崇峻天皇 541 604 陽堅→文帝 589 隋による中国統一 569 618 煬帝 618 唐の建国 Tooltip
(この項おわり)
header