西暦1321年 - ダンテ『神曲』完成

永遠の淑女ベアトリーチェ
ダンテ『神曲』
1321 年、イタリアの詩人・政治家ダンテは死の直前、代表作『神曲 (しんきょく) 』を完成させる。
地獄篇、煉獄篇、天国篇の 3部からなる長編叙事詩で、ラテン語ではなくトスカーナ方言で書かれていたことから広く読まれ、世界文学史に残る名作となった。
13 世紀、ローマ教皇庁と神聖ローマ帝国が対立し、北イタリアでも教皇派とローマ帝国派に分かれて反目し合っていた。フィレンツェに産まれたダンテは、教皇派として市政に参画するようになる。
1289 年、ダンテも参戦したカンパルディーノの合戦では、両勢力が血みどろの戦いを繰り広げた。この様子は、『神曲』地獄編に記されている。

1301 年、ローマ帝国派が実権を握ると、ダンテは罰金刑を受け、市外追放されてしまう。
ダンテは北イタリアの諸都市を流浪し、やがて教皇派とも袂を分かち、執筆活動に入る。

ダンテが『神曲』の執筆をはじめたのは 1307 年頃である。
9 歳の時に出会い、ダンテが思いを寄せた同い年の少女ベアトリーチェ・ポルティナーリは、その後結婚し、24 歳の若さで病死していた。ダンテは、彼女を永遠の淑女として作品に登場させた。
『神曲』は地獄篇、煉獄篇と書き進められ、天国篇に着手したのは 1316 年頃とされる。
ダンテは、1318 年頃にラヴェンナの領主のもとに身を寄せ、ようやく安住の地を得た。1321 年、『神曲』は完成する。
だが、外交使節として派遣されたヴェネツィアへの旅の途上でマラリアにかかり、9 月に死去した。客死したダンテの墓は今もラヴェンナにあり、彼はついにフィレンツェに帰還することはできなかった。

参考書籍

表紙 神曲【完全版】
著者 ダンテ・アリギエーリ/平川祐弘
出版社 河出書房新社
サイズ 単行本
発売日 2010年08月
価格 6,264円(税込)
rakuten
ISBN 9784309205496
人生の道の半ばで正道を踏みはずした私が目をさました時は暗い森の中にいたー地獄篇・煉獄篇・天国篇全3篇とともに、ドレによる美麗な挿画全135点を収録。カラー口絵、詩篇付。新生訳で贈る世界文学の最高傑作。
 
表紙 ダンテ神曲 (上)
著者 永井豪
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 1998年05月
価格 777円(税込)
rakuten
ISBN 9784062604147
 
表紙 ダンテ神曲 (下)
著者 永井豪
出版社 講談社
サイズ 文庫
発売日 1998年05月
価格 777円(税込)
rakuten
ISBN 9784062604154
 
1225 1275 1325 1375 1425 1321 ダンテ『神曲』完成 1265 1321 ダンテ 1313 1375 ボッカチオ 1304 1374 ペトラルカ 1254 1324 マルコ・ポーロ 1298 「東方見聞録」出版 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1303 アナーニ事件 1268 1314 フィリップ4世 1275 1313 ハインリヒ7世 1264 1314 クレメンス5世 1336 1378 グレゴリウス11世 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1293 1350 フィリップ6世 1312 1377 エドワード3世 1356 カール4世の金印勅書 1316 1378 カール4世 1288 1339 後醍醐天皇 1294 1336 楠木正成 1303 1333 北条高時 1301 1338 新田義貞 1308 1335 護良親王 1297 1348 花園天皇 1305 1358 足利尊氏 1306 1352 足利直義 1333 鎌倉幕府滅亡 1313 1364 光厳天皇 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1330 1367 足利義詮 1321 1380 光明天皇 1336 1392 南北朝時代 1328 1398 朱元璋→洪武帝 1368 明の建国 1335 1408 李成桂 1271 元の建国 1254 1324 マルコ・ポーロ 1304 1368 イブン・バトゥータ 1332 1406 イブン・ハルドゥーン 1336 1405 ティムール 1370 ティムール帝国の成立 1249 1318 ラシード・アッディーン 1271 1304 ガザン 1299 オスマン帝国建国 1258 1326 オスマン1世 1304 1335 アブー・サイード 1279 ラームカムヘーンが即位 1370 ティムール帝国の成立 Tooltip
(この項おわり)
header