西暦1298年 - 『東方見聞録』出版

元の初代皇帝・フビライの時代
マルコ・ポーロ
元の初代皇帝・フビライ(クビライ)の時代にモンゴル帝国を訪れた商人マルコ・ポーロは、イタリアに帰郷した後の 1298 年。旅や元のことを記した「東方見聞録 (とうほうけんぶんろく) 」を発行する。
1271 年、17 歳のイタリア人青年マルコ・ポーロは、モンゴル帝国の首都への旅に出発する。ペルシアから中央アジアを経てモンゴル帝国の東へ向かう陸路の旅だった。

1275 年、モンゴル帝国の首都・大都 (だいと) に到着。マルコは、その繁栄ぶりに驚いた。
皇帝フビライとの謁見を果たしたマルコは、西欧や旅に関する知識を買われ、皇帝の側近として使えることになる。
1279 年、モンゴル帝国は南宋を滅ぼす。その後、文永の役 (ぶんえいのえき) 弘安の役 (こうあんのえき) で二度も日本を攻めるが、いずれも失敗。

1291 年、フビライの元を辞したマルコは、帰郷の旅に出る。
1294 年 1 月、フビライが死去。
1295 年、マルコはヴェネツィアに帰還する。
1298 年、マルコはヴェネツィアとジェノヴァの戦いに賛成し、ジェノヴァの捕虜になる。捕囚中に語った旅の様子は、その年の暮れ、「東方見聞録」として出版された。

この時代の世界

1175 1225 1275 1325 1375 1425 1298 「東方見聞録」出版 1254 1324 マルコ・ポーロ 1215 1294 フビライ 1271 元の建国 1274 文永の役 1281 弘安の役 1251 1284 北条時宗 1303 1333 北条高時 1333 鎌倉幕府滅亡 1338 足利尊氏、征夷大将軍に任官 1241 ワールシュタットの戦い 1225 1274 トマス・アキナス 1214 1294 ロジャー・ベーコン 1264 1314 クレメンス5世 1268 1314 フィリップ4世 1265 1321 ダンテ 1293 1350 フィリップ6世 1309 1377 教皇のアヴィニョン捕囚 1348 黒死病がヨーロッパで猛威をふるう 1239 1299 ラームカムヘーン 1279 ラームカムヘーンが即位 1250 マンスーラの戦い 1223 1277 バイバルス Tooltip

参考書籍

表紙 完訳東方見聞録(1)
著者 マルコ・ポーロ/愛宕松男
出版社 平凡社
サイズ 全集・双書
発売日 2000年02月
価格 1,404円(税込)
rakuten
ISBN 9784582763263
十三世紀、全アジアを支配下におくフビライ・カーンの寵愛を受けて、マルコ・ポーロは二十歳そこそこから十七年間、使者として元朝諸方へ派遣され、各地を踏査する。未曾有の繁栄を誇るシルクロードを採った往路の様子から、現在のミャンマーあたりにまで至る雲南への使節行、さらには元朝の宮廷事情にまで及ぶ見聞記。
 
表紙 完訳東方見聞録(2)
著者 マルコ・ポーロ/愛宕松男
出版社 平凡社
サイズ 全集・双書
発売日 2000年02月
価格 1,404円(税込)
rakuten
ISBN 9784582763270
現在の天津郊外より台湾海峡に至る長大な運河に沿っての福建への旅、チパング島への遠征(元寇)、さらには極寒のロシアなど、広大な地域にわたって産業や宗教、習慣、迷信などを見聞してゆくマルコ・ポーロ。インド洋を経由するスパイスコースで帰路に着き、ヴェニスを発って二十六年という長い旅の終わりをむかえる。
 
表紙 フビライ汗
著者 勝藤猛
出版社 中央公論新社
サイズ 文庫
発売日 2000年02月25日
価格 699円(税込)
rakuten
ISBN 9784122035980
南宋を滅ぼし、高麗・安南・ビルマ・ジャワを降し、1274年(文永11)の文永の役、1281年(弘安4)の弘安の役と、二度にわたり「蒙古襲来」を企てたフビライ汗。大元帝国皇帝として「能く夏(中国的なもの)をもって夷(モンゴル的なもの)を変えた」男の覇業を祖父チンギス汗から説きおこして描く。
 
(この項おわり)
header