西暦1453年 - 百年戦争おわる

英仏の中央集権化が加速
シャルル7世の戴冠式におけるジャンヌ・ダルク
イギリスとフランスは、毛織物のフランドル地方やワインのギュイエンヌ地方をめぐって対立することになる。そんな中、エドワード 3 世は、母イザベラがカペー朝の出身であることを理由にフランス王フィリップ 6 世に対して王位継承を主張し、1339 年、フランスに侵攻した。百年戦争のはじまりである。
イギリスは、1346 年のクレシーの戦い、1356 年のポワティエの戦いといった緒戦に勝利した。1348 年頃からペスト(黒死病)が流行し、ヨーロッパの人口の 3 分の 1 が病死するという状況に陥り、戦争は長期化した。
敗戦によって領土を失ったフランスは、慢性的な財政難に対処するため、シャルル 5 世が税制を整備した。そして、シャルル 5 世は満を持して 1369 年から反攻を開始する。
そんな中、「フランスを救え」という神のお告げを聞いたという 17 歳の少女、ジャンヌ・ダルクがあらわれる。1429 年、ジャンヌはオルレアンの包囲を解いてフランスを救う。
その後、フランス軍は勢いづき、1453 年、ドーバー海峡を望むカレーの町を除いた国土を回復し、イギリスに勝利して戦争は終結する。

なお、ジャンヌは 1431 年にイギリス軍に捕らえられ、魔女としてルーアンで処刑された。
この戦いでは、イスラム世界から伝わった火薬による鉄砲や大砲が威力を発揮し、旧来の騎士は没落していった。その結果、フランスではヴァロワ朝シャルル 7 世により中央集権化に拍車がかかる。
一方のイギリスは、1455 年、バラ戦争に突入し、テューダー朝の絶対王政へと向かっていく。
東ヨーロッパでは、1453 年、オスマン帝国がコンスタンティノープルを占領し、東ローマ帝国が滅亡する。この難を逃れたギリシア人の古典学者がイタリアに逃れ、イタリアの都市国家がイスラーム文化と接触し、ルネサンスの興隆に大きな役割を果たした。

この時代の世界

1325 1375 1425 1475 1525 1575 1339 1453 百年戦争 1403 1461 シャルル7世 1431 ジャンヌ・ダルクの処刑 1412 1431 ジャンヌ・ダルク 1405 1440 ジル・ド・レ 1453 東ローマ帝国滅亡 1405 1453 コンスタンティノス11世 1431 1476 ブラド3世 1389 1464 コジモ・デ・メディチ 1449 1492 ロレンツォ・デ・メディチ 1478 パッツィ家の陰謀 1455 1485 バラ戦争 1485 ボズワースの戦い 1421 1471 ヘンリー6世 1423 1483 ルイ11世 1442 1483 エドワード4世 1452 1485 リチャード3世 1470 1483 エドワード5世 1457 1509 ヘンリー7世 1439 1503 ピウス3世 1397 1455 ニコラウス5世 1394 1460 エンリケ航海王子 1398 1468 グーテンベルク 1432 1492 インノケンティウス8世 1431 1503 ロドリーゴ・ボルジア 1455 1495 ジョアン2世 1450 1500 バーソロミュー・ディアス 1444 1510 ボッティチェリ 1486 「魔女の鉄槌」の出版 1492 グラナダ陥落 1479 スペイン王国の成立 1492 大西洋航路の発見 1488 喜望峰の発見 1368 1437 ジギスムント 1417 コンスタンツ公会議 1396 1458 アルフォンソ5世 1455 グーテンベルク聖書の印刷 1431 1503 アレクサンデル6世 1469 1527 マキャベリ 1466 1536 エラスムス 1473 1543 コペルニクス 1471 1528 デューラー 1440 1505 イヴァン3世 1480 モスクワ大公国の独立 1377 1447 シャー・ルフ 1432 1481 メフメト2世 1428 正長の土一揆 1429 琉球国の統一 1411 1463 日野重子 1394 1481 一休 1404 1473 山名宗全 1419 1470 後花園天皇 1430 1473 細川勝元 1415 1499 蓮如 1432 1486 太田道灌 1420 1506 雪舟 1483 銀閣建立 1435 1490 足利義政 1440 1496 日野富子 1441 1499 山名政豊 1442 1500 後土御門天皇 1467 1477 応仁の乱 1432 1519 北条早雲 1488 加賀の一向一揆 1439 1491 足利義視 1493 明応の政変 Tooltip
(この項おわり)
header