西暦1517年 - マムルーク朝の滅亡

オスマン帝国の台頭
カイロを首都とするスンニ派のマムルーク朝は、1517 年、オスマン帝国によって滅亡する。

オスマン帝国は、イスラム教の二大聖地であるメッカとメディナの保護権を獲得し、イスラム世界の盟主となった。また、1520 年に即位した皇帝スレイマン 1 世の治世、もっとも領土が広がり、内政も安定した。

マムルーク朝の成立から滅亡まで

マムルーク朝の版図
マムルークとはイスラム世界における軍人奴隷のことである。
チンギス・ハーンは中央アジアから西アジアまでを併合した過程で、この土地に住む多くの遊牧民がモンゴル軍に捕らえられて奴隷として売られた。イスラム諸国が彼らをマムルークとして採用したのがはじまりである。
アイユーブ朝末期の第7 代スルタン、サーリフ(在位 1240 年~1249 年)にシャッジャル・アッドゥールという側室がいた。彼女はトルコ系のクマン族出身で、夫の死後、マムルーク軍団の力を背景に、1250 年にアイユーブ朝を滅ぼしマムルーク朝を創始する。

マムルーク朝は 200 年続くが、ほとんどのスルタンは実力で権力を奪取するという血なまぐさい政争が後を絶たなかった。
そして 15 世紀に入るとペストの流行で国力が衰え、小アジアに興った新興のオスマン帝国によって滅びることになる。

王朝は滅びてもマムルークは、オスマン朝総督指揮下の傭兵部隊として 19 世紀初頭まで活躍を続けることになる。
1450 1475 1500 1525 1550 1575 1600 1517 マムルーク朝の滅亡 1494 1566 スレイマン1世 1464 1520 セリム1世 1487 1524 イスマーイール1世 1483 1530 バーブル 1526 ムガル帝国の建国 1480 モスクワ大公国の独立 1530 1584 イヴァン4世 1532 1585 イェルマーク・チモフェーイェヴィチ 1472 1528 王守仁 1500 1559 王直 1487 1541 北条氏綱 1496 1557 後奈良天皇 1506 1552 フランシスコ・ザビエル 1507 1551 大内義隆 1507 1551 斎藤道三 1511 1550 足利義晴 1494 1574 武田信虎 1497 1571 毛利元就 1519 1560 今川義元 1523 1563 毛利隆元 1515 1571 北条氏康 1543 鉄砲伝来 1549 ザビエル来日 1494 トルデシリャス条約 1469 1521 マヌエル1世 1469 1524 ヴァスコ・ダ・ガマ 1497 「最後の晩餐」の完成 1469 1527 マキャヴェッリ 1475 1521 レオ10世 1471 1528 デューラー 1519 1522 マゼランの世界周航 1480 1521 マゼラン 1483 1520 ラファエロ 1466 1536 エラスムス 1478 1535 トーマス・モア 1468 1549 パウルス3世 1521 アステカ帝国が滅びる 1485 1547 コルテス 1533 インカ帝国が滅びる 1475 1541 ピサロ 1529 サラサゴ条約 1473 1543 コペルニクス 1517 95ヶ条の論題 1483 1546 マルティン・ルター 1475 1564 ミケランジェロ 1491 1556 イグナチオ・デ・ロヨラ 1527 ローマ略奪 1500 1558 カール5世 1499 1565 ピウス4世 1534 首長法 Tooltip
(この項おわり)
header